音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

雨の日曜日に聴く(効く)、、、The Daydream

The Daydream   デイドリーム

Rainy Sunday



Daydream - Dreaming (Piano Solo Collection)
Dreaming...(Piano Solo Collection)(韓国盤) (Amazon)


外出もままならぬ雨の日曜日。

鬱陶しい気分も The Daydream のピアノがホッコリ!!とさせてくれる。

ニューエイジで括られる謎多き韓国人ピアニストだけど、この際ジャンルはどーーーでもよい。

グッド・ミュージックは国境をも超越するものでR。


関連記事
読書の友 ケティル・ビヨルンスタのプレリュード1
ダスティン・オハロランのピアノソロ。
ブルース弾きの休日、、、フレッド・カプランの”サミーズ・ソング”

PageTop

今日の一曲♪+α ジョージ・シアリングの”九月の雨”

George Shearing   ジョージ・シアリング

september in the rain


The Continental



George Shearing - September in the Rain
September In The Rain (Amazon mp3)


今度は北海道で大雨である。
高知といい、広島といい、日本の空(天気)はどうなっているんでしょうかね。

ちゅう訳で、ジョージ・シアリングの”九月の雨”をどうぞ。

ピアノとヴィブラフォンとのユニゾン演奏が独特の雰囲気を醸し出してましたな。

程々の雨が恋しい今日この頃である。


関連記事
今日の一曲♪ レッド・ガーランドの”レイン”
台風一過  ~レッド・ガーランド~

PageTop

決戦前夜、錦織圭選手にエールを送る。

David Benoit   デイヴィッド・ベノワ

Kei's Song

Best of 1987-1995 (Amazon) に収録。


いよいよ決戦前夜である。

格下ということで変なプレッシャーがかかりそうだが、平常心で戦ってもらいたい。

(良い)結果は自ずとついて来る筈だ。

ということで、デイヴィッド・ベノワ(David Benoit)の”Kei's Song”でエールを送ろう。

果たして、伝説は誕生するのであろうか?

PageTop

トーマス(Thomas Scherr)さんの魅惑のピアノ。

Thomas Scherr   トーマス・シェル(?)

Stride Streit


Boogie Struggle


Boogie Quick


Mr. Pinetop`s Job   (Pinetop Smith)



プロかアマかも分からない人なんだけど、埋もれたままなのは実にモッタイナイ!!

ちゅうわけで、Thomas Scherr さんのご紹介。
トーマス・シェルと呼ぶんでしょうか?

演奏自体は特別上手いということもなく、、、この程度はゴロゴロいそう。

でも、オリジナルが実に良いのでR。
作曲家としての才能は確実に有りそう。
(”Mr. Pinetop`s Job”以外、全てオリジナル)


これが埋もれたままなのは残念ですなあ。


関連記事
ブルースピアノでまったり~まったり~~。  ~Kjell Magne Lauritzen~

PageTop

Marco Fumo さんの不毛ではないブルース。

Marco Fumo   マルコ・フーモ(?)

Late Evening Blues (Claude Hopkins)



ストライド・ピアニスト及びバンドリーダーとして活躍したクロード・ホプキンス(Claude Hopkins)
その活動は戦前の1924年から彼が亡くなる1984年まで続いた。

そんなホプキンスさんの埋もれた名曲が”Late Evening Blues”
1963年に、Swing Time (Amazon mp3) に録音。

このアルバムにはとんでもないお宝曲も。
”Crying My Heart Out for You” (J.C. Johnson との共作)
”Offbeat Blues” (オリジナル)

”Late Evening Blues”は謂わば手付かずのまま眠っていた曲。
それを起こして生き返らせたのが Marco Fumo さん。
良い仕事してます!!
この言葉は嫌いだが、正にエクセレントなパフォーマンスですなあ。


オリジナルを超えた!!、、、、、かもね。
Fumo だけど不毛な演奏はしていないのでR。     (^_^;)

PageTop