音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

ギター・マスター!!、、、ジャスティン・ジョンソン。

Justin Johnson   ジャスティン・ジョンソン

St. Louis Guitars ~ Paris, France ~


Rooster Blues (オリジナル)  ~ブルース~


Cannonball Rag (Merle Travis)  ~カントリー~


Minor Swing (Django Reinhardt)  ~ジャズ~



最新作) 動画の曲は収録されてません!、ご注意を。
Justin Johnson - Smoke Mirrors
Smoke & Mirrors (Amazon)
Smoke & Mirrors (Amazon mp3)


フランス・パリにあるちょっと変わったギター専門店からこぼれて来る魅惑の音色♪に誘われて店に入ると、そこにはギターを爪弾くひとりの青年が。
弾けもしないのに、思わず「それ、ください」と言いそうになって焦る。
実演販売でよく経験するひとこまである。

ということで、今回はギター・マスターと呼ぶに相応しいギタリストのご紹介。
その人の名はジャスティン・ジョンソン(Justin Johnson)さん。

ジャスティンさんはアメリカのギタリスト。

ブルースをはじめとして様々なジャンルに精通したギタリストである。
facebook のジャンル覧は
Slide Blues、Gypsy Jazz、Roots Instruments / Cigar Box Guitars となっているが、
レッスン動画を見るとカントリー、ロカビリーも守備範囲であることが分かる。
所謂、アメリカン・ルーツ・ミュージックに長けたギタリストと言えよう。

アルバムは2作品の模様。
 Roots Christmas (2013)
 Smoke & Mirrors (2014)

影響を受けた者として、
Django Reinhardt
Jimi Hendrix
Bob Dylan
Tom Waits
Tony Rice
Doc Watson
David Grissman
Jerry Garcia
Leonard Cohen
Andreas Oberg
Muddy Waters
Lightning Hopkins
Robert Johnson
等を挙げている。

さて、このアルバム「Smoke & Mirrors」は今年1月にリリースしたばかりの最新作。
現在のジャスティンさんを投影した原寸大のアルバムと言えよう。
アルバム2枚分に相当する全22曲。(重複する曲が数曲ありますが)
先ず、カントリー風味のゴスペル曲”Down By the Riverside”やトラッドの”When the Saints Go Marching In” が超絶楽しく聴ける。
「つかみはOK!!」といったところか。
聴き所はスライド・ギターが存分に暴れる”Baby, Don't You Tear My Clothes”と、ブラインド・ウィリー・ジョンソンで御馴染みの”Dark Was the Night, Cold Was the Ground”だろう。
朴訥な演奏の”Underwater Stroll” 、”Banks of the Ohio”にも惹かれる。


日本に立ち寄ることがあったら、ぶらりと入った楽器店でギターを弾いてくれんかのう。
きっと、人だかりが出来るで。
その時は「それ頂戴!!」と言う、、、、、かもね。     (^_^;)


ジャスティンさんの facebook
ジャスティンさんのウェブサイト

関連記事
手作りタバコ箱ギター奏者、マイク・スノーデン氏。

PageTop

今日のギタリスト ~Anders Lewén~

Anders Lewén (Anders Lewen)

The Big Bite



「ボク、美人の前では熱演しちゃいます」、、、、、と言ったとか言わないとか。   (^_^;)

ということで、ノックアウト・グレッグ&ブルー・ウェザーのギタリスト!
Anders Lewén さん、久々のご登場である。

ご無沙汰ですなあ。
お元気でなにより。

相変わらずご機嫌なフレーズがポンポンですな。


関連記事
スウェーデンから愛を込めて  ~ノックアウト・グレッグ&ブルー・ウェザー~

PageTop

ジャックと豆の木とブロードベント。

Jack Broadbent   ジャック・ブロードベント

Street performance #1


Street performance #2


Street performance #3


Street performance #4


What if I only had one ?

Public Announcement に収録。


Jack Broadbent - Public Announcement
Public Announcement (Amazon mp3)


日本同様初戦を落としもう後がなくなってしまったイギリス(イングランド)
ここは開き直って戦うしかあるまい。
選手諸君のプライドを賭けた熱き戦いに期待したい。

ということで、今回はイギリスのストリートを熱くしている!?ジャック・ブロードベント(Jack Broadbent)さんのご紹介。

ジャックさんはイギリスのシンガー・ソングライター。
出身はイギリス中東部の Lincoln
.ジャンルは、Rock, Blues, Acoustic..............jazz! だそうで、引き出しは多そう。
影響を受けたもの(者)として、Steely dan, Little feat, captain beefheart等を挙げている。

アルバムは通算で2枚はリリースしている模様。
 The Busking CD (2013)
 Public Announcement (2013)

歌も歌うけど、正直歌はいらないと思う。
スライド・ギターの魅力がそれを十分補っているから。


果たしてイギリスは予選を突破できるだろうか?
日本共々朗報を期待したい。


ジャックさんの facebook
ジャックさんのウェブサイト

PageTop

越境するギター、、、ジム・キャンピロンゴ。

Jim Campilongo   ジム・キャンピロンゴ

Folsom Prison Blues


Twister



Jim Campilongo And The 10 Gallon Cats - Heavy
Heavy (Amazon)
Heavy (Amazon mp3)


パキパキ、ペキペキ、ポキポキ、ギュイ~~~ン。

フワフワフワワ~~~~~ン。


関連記事
浮遊するギター、、、ジム・キャンピロンゴ

PageTop

夕闇に馴染むギターの音色!、、、エスタス・トネー。

Estas Tonne   エスタス・トネー

LIVE @ Pflasterspektakel 2013



夕闇に溶け込むかのようにギターの音色も街に溶け込んで行く。

よく響くギターの音色に暫し日常を忘れてしまいそう。

前からもこれからもきっと繰り返されるであろう光景、、、


関連記事
現代の吟遊詩人、、、Estas Tonne
ギターとキッズと聴衆と。 Estas Tonne編
ストリートの達人、、、エスタス・トネ。
ストリートの達人!!エスタス・トネー その2

PageTop