音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

PAPER MEMORIES




Theo Putzu 監督作品。

記憶に生きる!年老いた男。
写真の中の妻(恋人)を追いかけてとうとう海辺へ。
終には自ら写真の中に入りこんでしまう。
その意味するものとは、、、

音楽(サウンドトラック)は Miguel Marin さん。

PageTop

Swecha




インドの良質な短編映画。

男の子の日常が子供目線で淡々と描かれている。

Uday Gurrala 監督の色使いがより一層田舎の原風景を生かしている(映える)。

何気にセンスを感じさせる。

何度でも見たくなる作品でR。

PageTop

Johnny Express




Kyungmin Woo 監督作品。

ものぐさな配達員のお話。

荷物を届けるのに星を滅ぼしてしまっては元も子もないわけで、、、   (笑)

PageTop

BUONGIORNO - GOOD MORNING

BUONGIORNO - GOOD MORNING



イタリアン・ブラック・ユーモア!!

鏡の中の自分に翻弄される男。

気のせいと思い込もうとするが、実際は思った以上の自分がゾロゾロと、、、

朝起きて鏡を見るのが恐くなる、、、、、かもね。

大袈裟な音楽(オーケストラときたもんだ)もバカバカしくてナイスでR!!

PageTop

A Man

A Man



節田朋一郎監督作品。
ADFEST 2014「Fabulous Four」グランプリ受賞作。

畑を耕す初老の男が目にしたものとは、、、、、かつての自分(学生)?
その学生がバスの中で席を譲った妊婦は今の妻?
その妊婦が振り返って見たのは、かつての自分(女学生)?
最後の老婆は未来の妊婦?

ぐるぐる回る無限ループ状態が斬新で面白い。

かつて、自分もそこに居たことがあるような妙に懐かしい気分にさせられる。

PageTop