音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今、一番勢いを感じるハーピスト、、、ジェイソン・リッチ。

Jason Ricci and New Blood   ジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッド

JASON RICCI ROCKIN' AT CROSSROADS ANTWERP, MAY 2010

直リンクはこちら → Youtube

Jacksonville Blues Fest Jason Ricci New Blood Part 4

直リンクはこちら → Youtube

The Way I Hurt Myself

直リンクはこちら → Youtube

Rocket Number 9 - Jason RicciNew BloodRocket Number 9 (Amazon)
1. The Rocker
2. I'm A New Man
3. Loving Eyes
4. Dodecahedron
5. Mr. Satan
6. Deliver Us
7. The Blow Zone Layer
8. The Way I Hurt Myself
9. The Eternal Is
10. Snowflakes And Horses
11. Sonja
12. Rocket Number 9
全12曲

Rocket Number 9 の試聴はこちら → Amazon


連日連夜、真夏日と熱帯夜の日々が続いている。
おかげで目の下にはクマができ体内時計も狂いっぱなしだ。
暑い夏を乗り切るには、敢えて「暑い日には熱いものを」
これが鉄則かもしれない。

ということで、今回は熱~~~い演奏を信条とするジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッド(Jason Ricci and New Blood)のみなさんの紹介です。

ジェイソンさんは1974年生まれのアメリカのハーモニカ奏者。
14才の時にパンク・バンドを始めたのが音楽キャリアのスタート。
後にブルースに興味を持ち出して転向。
21才の時、「Sonny Boy Blues Society」のコンテストで優勝。
「King Biscuit Blues Festival」のステージでZZ TOPやスーザン・テデスキーらと共演し、プロとしての活動をスタートさせる。
ジュニア・キンブロウ、デビッド・キンブロウのバンドに参加。
2002年には自己のバンド(ジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッド)を結成。

ジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッドのメンバーは以下の4名。
Shawn Starsky: (Vocals, Guitars, Songwriting.)
Todd " Buck Weed" Edmunds: Bass,Tuba, Upright Bass, four String Fender Tuba, Sousaphone, Uke, Bass Uke Piano, vocals, Song writing.)
Byron Cage (Drums, Vocals)
Jason Ricci: (Harmonicas Vocals Songs)

年間300本のライブをこなすそうで、正に現場主義のライブ・バンドとも言える。
自主制作のファースト・アルバムは、ネットやライブ会場だけで12000枚を完売したそうだ。
「2008 BLUES CRITIC AWARD」で、ベスト・ハーモニカ・プレイヤーを受賞。

さて、この「ロケット・ナンバー9」は2007年にリリースされたもの。
ビルボードのブルース・チャートで4位を記録している。
冒頭のパンク調の”The Rocker”で一発かましてくれるが、これもジェイソンさんのほんの一面。
”Dodecahedron”(4)や”The Eternal Is”(9)のファンク・チューンでは、豪快でキレの良いプレイを披露している。
水を得た魚のように自由奔放にブロウしている”The Blow Zone Layer”(7)、どこかで聴いたことがあるような調べの童謡を思い起こさせる”Sonja”(11)が聴き所と言えそうだ。
もちろんムーディ且つ哀愁漂うブルースハープとソウルフルなボーカルの”The Way I Hurt Myself”(8)もグッと来るのは言うまでもない。

そして、そして、そして、「ジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッド」のもう一つの看板と言えるのがギターのショーン(Shawn Starsky)さん。
いきなしエンジン全開のパワー・プレイは脳天をガツーーーンと直撃する。
無防備にしてたらKO必至の衝撃がある。
バンドを強烈にグルーヴさせる影の立役者だ。


暑いのには熱いので対抗!!
ということで、あなたも「ジェイソン・リッチ&ニュー・ブラッド」で暑苦しい熱帯夜を乗り切ってはいかが!?     (^^ゞ


関連記事
ナイスガイなフォーサイスさん。  ~ガイ・フォーサイス~


ジェイソンさんのマイ・スペース・ページ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。