音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祈る人を見た。

The Canton Spirituals   ザ・カントン・スピリチュアル

God Loves You

直リンクはこちら → youtube

Get Up In Me Jesus

直リンクはこちら → youtube


Living the Dream Live in Washington,D.C. - Canton SpiritualsLiving the Dream: Live in Washington, D.C. (Amazon)
1. Tell Me How Long
2. Nobody But You
3. Heaven Is Looking (Down on Me)
4. Clean Up
5. Glad I've Got Jesus
6. When He Comes
7. Flowers
8. Hallelujah Square
9. Cool Change
10. I Want You to Move
11. Smoothin'
12. Father I'm Coming Home
13. Get up in Me Jesus
14. God Loves You
全14曲

Living the Dream: Live in Washington, D.C. の試聴はこちら → Amazon


駅ビルで祈る人を見た。
駅の改札口からさほど離れていない片隅で、その人は一心不乱に祈っていた。
雑踏の中、そこだけがポッカリと現実離れした異空間となっていた。
床にマットを敷き跪いて座り時折床に伏せる。
おそらくイスラム教徒の人だろう。
祈った先には聖地メッカがあるんだろう。

普段宗教とは無縁の生活をしているので、こんな場面に出くわすとドキッとさせられる。
幸い日本では宗教の自由があるから、異教徒たちも安心して信心していると思う。
これは世界に誇れる事で、良い意味での無干渉なんだろう。
裏を返せば、「信仰心の薄い日本人」が浮き彫りになってくる。

宗教と音楽も密接な関係があり、キリスト教で真っ先に思い浮かぶのはゴスペルだろう。
イスラム教はカッワーリーあたりか。
仏教では何だろう?

ということで、今回は現役バリバリのゴスペル・カルテット!ザ・カントン・スピリチュアル(The Canton Spirituals)の皆さんの紹介である。

ザ・カントン・スピリチュアルは、1943年にアメリカのミシシッピ州で結成されたゴスペル・カルテット。
当時のメンバーは、
Harvey Watkins, Sr.(創設者)
Eddie Jackson
Theo Thompson
Roscoe Lucious

現在は息子の Harvey Watkins Jr が後を継ぎ
Billy Voss
David Curry
Merlin Lucious
Alton Hollis
Maurice Morgan
等のメンバーで活動している。

さて、この「Living the Dream: Live in Washington, D.C.」は1997年にリリースされたライブ盤。
メンフィスでのライブ盤(The Live in Memphis, Vol. 1 Amazon )と共に評価の高い1枚である。
ハーヴェイさんの説教で思考回路も停止され陶酔の世界に誘われる。
現役ゴスペル・カルテットで最強というのも頷けますなあ。


一度は本場の教会で説教(異空間)を体験してみたいものだ。   
果たして何か得ることが出来るだろうか?
心地良い睡眠を得ることが出来る自信はたっぷりとある。   (笑)


ザ・カントン・スピリチュアルの試聴コーナー (myspace)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

フランスからドイツに来たときの引っ越し業者さんのうち、1人がイスラムの方でした。
荷詰め中も、時間になると庭に出てお祈りをされてました。

ゴスペルもグレゴリオ聖歌も、通ずるものがあるのかもしれませんねえ。

麻 | URL | 2010年04月22日(Thu)15:44 [EDIT]


Re: タイトルなし

> フランスからドイツに来たときの引っ越し業者さんのうち、1人がイスラムの方でした。
> 荷詰め中も、時間になると庭に出てお祈りをされてました。
>
> ゴスペルもグレゴリオ聖歌も、通ずるものがあるのかもしれませんねえ。

麻さん、こんばんは。
海外だと頻繁に遭遇することでしょう。
ドイツはトルコからの移民が多いと聞きますから、、、
異文化に寛容になることは言葉で言うほど容易いことではありませんなあ。

ではでは。

nanmo2 | URL | 2010年04月22日(Thu)20:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。