音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祝50周年!マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ

The Mighty Clouds Of Joy   (ザ)マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ

I Came To Jesus

ジョーさん、若いっす!!!

"At The Revival" (EPK)

直リンクはこちら → Youtube


Glory Hallelujah - The Mighty Clouds Of JoyGlory Hallelujah (Amazon)
1. Glory Hallelujah
2. Nearer to Thee
3. Judgement Day
4. Meeting Tonight
5. Family Circle
6. Lord, Hold My Hand
7. You'll Never Know
8. I Came to Jesus
9. How I Found the Lord
10. My Precious King
全10曲

Glory Hallelujah の試聴はこちら → Amazon


結成50周年(半世紀!!)を迎えたゴスペル・カルテットの雄!マイティ・クラウズ・オブ・ジョイが新譜「At the Revival」 (Amazon) をリリースしてきた。

グループ結成当時からのオリジナル・メンバーであるジョー(Joe Ligon)さんがまだ健在で良い喉を披露しているのには驚かされるが、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのジミー(ジミー・カーター)さんと共に末永く活躍して欲しいものです。

ここで簡単なマイティ・クラウズ・オブ・ジョイのプロフィール紹介をば。
マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ(The Mighty Clouds Of Joy)はアメリカのゴスペル・カルテット。
グループ結成が1960年というから、半世紀の長きに渡って活動しているご長寿音楽集団なのである。
(1959年という説も、Wikiによると1960年)
当然メンバーも天に召されたりして入れ替わっており、
現在のメンバーは、
Joe Ligon
Richard Wallace
Johnny Valentine
Ron Staples
Mike McCowin
グラミー賞も3度受賞(ノミネートは9回)するなど、その実力が本国アメリカで認められているゴスペル・カルテットである。

さて、今回紹介する「Glory Hallelujah」は1996年にリリースされたベスト盤。
ベスト盤だけあってどれも甲乙つけ難い出来であるが、神様も走ってま~~~す的な急速調の”Meeting Tonight”(4曲目)と理想的なコーラス構成の”My Precious King”(10曲目)がベスト・トラックか。
でも、5,7、そしてジョーさんのオリジナルの8曲目(I Came To Jesus)も良い出来で、、、
結局のところ、み~~~~~んな聴き所ですなあ。   (笑)


ジョーさんもジミーさんも天国が近い(ご免なさい m(__)m)ので、来日公演の際はしっかりと見届けましょう。
二人とも何時までも何時までも長生きでご活躍されることを祈っております。  (^_^)v


関連記事
アラバマの熱~~い風  ~ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ~
ぶっ飛びます!!!  ~スワン・シルヴァートーンズ~


マイティ・クラウズ・オブ・ジョイの試聴コーナー (myspace)
マイティ・クラウズ・オブ・ジョイのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。