音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カヴァーされるのは本物の証

Eltjo Haselhoff   エルトジョ・ハッセルホフ(?)

Cornerstone


roundback rag

エルトジョさん本人ではなく、55luj01さんの演奏。 この人もかなり上手い、素人の方なんだろうか?


Fingerstyle Guitar Solos - Eltjo HaselhoffFingerstyle Guitar Solos (Amazon)
1. Tap Your Other Foot!
2. Myosotis
3. Tumbo
4. Snow in London
5. Mugle
6. Phoelix & Grimm
7. Cornerstone
8. Lowlands of Holland
9. Roundback Rag
10. Morgan Magan
11. Pingu
12. Jantine
全12曲

Fingerstyle Guitar Solos の試聴はこちら → mog.com


ミュージシャンにとってカヴァーされるということはその楽曲が世に認められたことであり、且つとても名誉なことでもある。
多くのミュージシャンによってカヴァーされる曲は例外なく人を惹きつける魅力を持っているものだ。
時に気分を高揚させたり、時に感傷的にさせたり、、、
ある程度の実力がなければカヴァーされるミュージシャンには成りえないだろう。

ということで、今回は本物が証明されつつあるギタリストのエルトジョ・ハッセルホフ(Eltjo Haselhoff)さんの紹介です。
久々ですが、2回目の登場。

エルトジョさんは1962年にオランダで生まれている。
現在はアメリカ在住の模様。
ギターは8才から始め、ドブロギター、バンジョー、ピアノ、フィドル、ベースも弾きこなす。
2006年に「Fingerstyle Guitar Solos」でアルバム・デビュー。
40も半ばになってからの待望の発表でした。
翌2007年には「Guitar Magic」をリリース。

さて、このデビュー・アルバム「Fingerstyle Guitar Solos」は文字通りのフィンガー・ピッキング・スタイル・ギター・ソロ・アルバム。
フィンガー・ピッキング・スタイルのギターがたっぷりと楽しめる。
ギターが奏でる豊潤な音色に酔ってしまいそうで、フィンガー・ピッキング好きには堪らない一枚と言えよう。
   

いよいよバンクーバー・オリンピックも後半戦となってきたが、今更ながらカーリングの面白さに嵌まってきたようだ。
昨日のイギリス戦は大変見応えがあり、気が付いたらテレビに見入っていた。
これからもカーリング娘の活躍に酔いしれる日が続きそうである。  (^^ゞ


関連記事
洒落てます。  ~Eltjo Haselhoff~


エルトジョさんの試聴コーナー (myspace)
エルトジョさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。