音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダンスのお供

Eric "Shoutin'" Sheridan & the Uptown Rhythm Kings
エリック・シャウティン・シェリダン&ザ・アップタウン・リズム・キングス

Boogie Woogie King

The Uptown Rhythm Kings BOOGIE WOOGIE KING jump swing blues @ Yahoo!7 Video


LA-LA (Fats Domino)

The Uptown Rhythm Kings LA-LA Fats Domino @ Yahoo!7 Video


The Uptown Rhythm Kings With Eric "Shoutin'" Sheridan



Live Show - Eric Shoutin Sheridan  the Uptown Rhythm KingsLive Show (Amazon)
1. Good Lovin'
2. Crawfishin'
3. Kept on Sittin' on It
4. Mr. Watch Chain
5. Do Just What I Want
6. Goin' Back to New Orleans
7. Aunt Rita
8. Sad as a Man Can Be
9. Reelin' and Rockin'
10. Wish I Had Never
11. Natural Ball
12. Open up the Back Door
13. Boogie Woogie King
14. Don't Blow Up
全14曲

Live Show の試聴はこちら → Amazon


皆さん、生バンドの演奏で実に楽しそうに踊ってますなあ。
ダンスのことはまるっきり分からないのであるが、これはチャールストンなんですかね???

ということで、今回紹介するのはダンス・マニアのお供であるエリック・シャウティン・シェリダン&ザ・アップタウン・リズム・キングス(Eric "Shoutin'" Sheridan & the Uptown Rhythm Kings)の皆さんです。

エリック・シャウティン・シェリダン&ザ・アップタウン・リズム・キングスとしては、まだ一枚だけのアルバム・リリースのようである。
実にもったいない話である。
ジャンプ・ブルースを世間に広める為にも、もっともっとリリースしてもらいたいのである。
今どきジャンプ(ブルース)を演っているだけでも有り難いのですが。

さて、この唯一のアルバム「Live Show」は14年前の1996年にリリースされている。
オリジナルが数曲(4、7、14)あるが、他は、Ike Turner,Albert King,Joe Liggins等の渋めの曲がリストアップされている。
1曲目から超ご機嫌な演奏で、ダンス・タイムの始まりなのだ。
頭を空っぽにして、さあ、踊りましょう!
エリックさんのオリジナルが他のカバー曲と違和感無く溶け込んでいて、さらに聴き所にもなっている。
11(Albert King作),12(Willie Baker作),13(Joe Liggins作)も出来は良いが、一番の聴き所は3曲目の”Kept on Sittin' on It”(Steve Mann, Henry Bernard作)
ボーカル、ギター、ホーン・セクションがなんとも絶妙なバランスで、ここにジャンプ(ブルース)の魅力が凝縮されている。


世界的にも希少なジャンプ・ブルース・バンドのエリック・シャウティン・シェリダン&ザ・アップタウン・リズム・キングス。
これからも細く長~~~く活躍してもらいたいのである。
きっと、後30年はいけるでしょう。   (^^ゞ


関連記事
こっちが本家なのだ!  ~ロイ・ブラウン~
ロックはここから始まった、、、、、  ~ビッグ・ジョー・ターナー~

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。