インク・スポッツのジャヴァ・ジャイヴ

温故知新
06 /06 2010
The Ink Spots   ザ・インク・スポッツ

The Java Jive

直リンクはこちら → Youtube

If I Didn't Care

直リンクはこちら → Youtube

video clip - Nicholas Bros + Ink Spots in T.G.A.B. (1941)


Best of the Ink SpotsBest of the Ink Spots (Amazon)
1. Stompin' at the Savoy
2. Christopher Columbus
3. Bless You
4. When the Swallows Come Back to Capistrano
5. My Prayer
6. I Don't Want to Set the World on Fire
7. Into Each Life Some Rain Must Fall
8. Whispering Grass
9. Don't Get Around Much Anymore
10. We Three (My Echo, My Shadow and Me)
11. I'm Getting Sentimental over You
12. Java Jive
13. With Plenty of Money and You
14. Do I Worry?
15. Someones Rocking My Dreamboat
16. I'll Never Smile Again
17. Maybe
18. If I Didn't Care
19. Coquette
20. I'm Beginning to See the Light
21. Until the Real Thing Comes Along
22. Swing High, Swing Low
23. When the Sun Goes Down
全23曲

Best of the Ink Spots の試聴はこちら → Amazon


珈琲を淹れる時何気に口ずさんでしまうのが、ジャヴァ・ジャイヴ(The Java Jive)
マンハッタン・トランスファーでよく知られているが、元々はザ・インク・スポッツ(The Ink Spots)の持ち歌。
作詞はミルトン・ドレイク(Milton Drake)、作曲はベン・オークランド(Ben Oakland)
珈琲を淹れる時の音を真似たフレーズがなんとも印象的である。

このザ・インク・スポッツは1930年代初頭にインディアナポリスで結成し、1960年代半ばまで活動を続けた人気のあったコーラス・グループ。
オリジナル・メンバーは以下の4名
 Orville "Hoppy" Jones (bass)
 Ivory "Deek" Watson (tenor)
 Jerry Daniels (tenor)
 Charlie Fuqua (baritone)

ヒット曲も多数(トップ・テン入りが22曲、内チャート・トップが6曲)あり、そのほとんどが40年代に集中している。
チャート・トップ曲は以下の通り
 Address Unknown (1939)
 We Three (My Echo, My Shadow and Me) (1940)
 I'm Making Believe (1944)
 Into Each Life Some Rain Must Fall (1944)
 The Gypsy (1946)
 To Each His Own (1946)
 (1944年の2曲はエラ(Ella Fitzgerald)さんとのデュエット曲)
40年代は凄まじいほどの人気があったようだ。
因みに”Java Jive”(1940)はチャート15位。


日曜の朝は珈琲を淹れながら、またしても「ジャヴァ・ジャイヴ」を口ずさんでしまうのである。
70年前の曲ではあるがまだまだ瑞々しい魅力がある。 
歌い継がれる名曲は逞しい生命力に満ちていると言えそうだ。   (^_^)v


関連記事
珈琲は如何?

コメント

非公開コメント

nanmo2

名曲求めて1万里。
昨日は西、今日は東、
明日は何処へやら。
楽しめて、和めるよう心掛けてます。
感想いただけたら嬉しいです。