音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

楽譜が読めなくても、、、

Erroll Garner   エロール・ガーナー

I'll Remember April


Where or when



Concert by the Sea - Erroll Garner
Concert by the Sea (Amazon)
1. I'll Remember April
2. Teach Me Tonight
3. Mambo Carmel
4. Autumn Leaves
5. It's All Right with Me
6. Red Top
7. April in Paris
8. They Can't Take That Away from Me
9. How Could You Do a Thing Like That to Me
10. Where or When
11. Erroll's Theme
全11曲

Concert by the Sea の試聴はこちら→Amazon


楽譜が読めなくても、、、 ここまで弾けます。
こんだけ弾けたら十分ですがな。

ということで、今回は本当に楽譜が読めなかったらしいエロール・ガーナー(Erroll Garner)さんの紹介です。

ガーナーさんは、1921年にペンシルベニア州のピッツバーグで生まれている。
ピアノは3才から始め、独学でマスター。
才能に気付いた母親がピアノ教師を招いて教えようとするも、エロール坊やは楽譜には目もくれずとうとうその教師は逃げ出したそうだ。
名曲「ミスティ」の作曲者として良く知られている。
兄のリントン・ガーナーも著名なジャズ・ピアニスト。

さて、このアルバム”Concert by the Sea”は1955年にリリースされたライブ盤である。
強靭な左手と軽快な右手で、跳ねるような熱い演奏を繰り広げている。
もう半世紀以上も前の演奏ながら楽しさが伝わってくる。
エロールさんの強烈なピアノですっかり影が薄くなってしまったが、
ベースはEddie Calhounさん、
ドラムはDenzil Bestさんである。


豪快な力強い演奏とは裏腹に、エロールさん、かなり小柄(158cm)だったようです。
その為、電話帳を下に敷いて弾いていたそうです。
体が小さくても、楽譜が読めなくても、こんなに人を感動させることが出来るんですね。


ガーナーさんの試聴コーナー (myspace)
ガーナーさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。