音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アルビノの星!

Salif Keita   サリフ・ケイタ

Yamore

大西洋?に臨んで何思う!

Tekere

TekereはFolon (Amazon)に収録。 試聴はこちらAmazonで。


Moffou - Salif Keita
Moffou (Amazon)
1. Yamore
2. Iniagige
3. Madan
4. Katolon
5. Souvent
6. Moussolou
7. Baba
8. Ana Na Ming
9. Koukou
10. Here
全10曲

Moffou の試聴はこちら→Amazon


先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患にアルビノがある。
体毛や皮膚は白く、視力障害を伴う為、差別(迫害)の対象となりやすい。
家族でさえもそうだ。
そんな耐え難い逆境にありながら世界的なミュージシャンになった男がいる。

マリの至宝ことサリフ・ケイタ(Salif Keita)、その人である。

サリフさんは、1949年に西アフリカのマリ共和国で生まれている。
裕福な由緒正しい貴族家(古代マリ帝国王家の直系の子孫)に生まれたが、アルビノだった為、一族からも追放同然の差別を受けたそうだ。
その為極貧生活を余儀なくされたとのこと。
偏見とは恐いものですなぁ。
1967年にはミュージシャンを志して首都バマコに移り住み、レイル・バンドというグループのメンバーとして音楽活動を始める。
自己のグループ、スーパー・アンバサデュールで西アフリカ諸国ではそれなりに人気を得るが、1984年にはフランスのパリに移住している。
1987年には初リーダー作 ”Soro”を発表。
それがたちまちの内に大評判となり、ヨーロッパ・ツアーも実現している。
それ以降もジャズ・ミュージシャンのジョー・ザヴィヌルやウエイン・ショーター等と共演した”Amen”、多数のアフリカ系ミュージシャンが参加した”Folon”を発表するなどボーダーレスな活動を続けている。

さて、この”Moffou”は2002年にリリースされた通算7枚目のアルバムである。
収録曲は全てサリフさんのオリジナル。
ゲストにはカーボベルデ出身の女性歌手セザリア・エヴォラが参加している。
アフリカ出身とは思えない洗練された演奏が光る6曲目の”Moussolou”、反対にいかにもアフリカ出身を感じさせるビートの効いた3曲目の”Madan”とダンサブルな9曲目の”Koukou”。
いずれも悪くはない。
だが、しか~~~し、最大の聴き所は8曲目の”Ana Na Ming”
虚飾を廃した素朴で柔ではない力強い真実の歌声に痺れます。


ミュージシャンとしての活動の他にも、"SOSアルビノ"という組織を立ち上げて同じ境遇で恵まれない人たちへのボランティア活動も行なっているサリフさん。
自らの辛い経験がそうさせたのだろうが、そこには歌声と同様の強靭な精神が宿っている。
一人間としても尊敬のできる音楽家と言えよう。


サリフさんの試聴コーナー (myspace)
サリフさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サリフ・ケイタ、大好きです。

僕もサリフは大好きです。前回観たときは渋谷クアトロで、ちょうどTekereの入っているアルバム、Folonが出た頃なので、そうとう前ですね。

ギタリストのウスマン・クヤテとお互いに何度も軍隊風の挙手の敬礼をしていたのが印象的。あれは何を意味しているのかな、と思ったものです。

tabasco | URL | 2009年08月27日(Thu)09:51 [EDIT]


Re: サリフ・ケイタ、大好きです。

> 僕もサリフは大好きです。前回観たときは渋谷クアトロで、ちょうどTekereの入っているアルバム、Folonが出た頃なので、そうとう前ですね。
>
> ギタリストのウスマン・クヤテとお互いに何度も軍隊風の挙手の敬礼をしていたのが印象的。あれは何を意味しているのかな、と思ったものです。


tabascoさん、こんばんは。

迷惑コメント対策の為、お手数おかけして御免なさいです。 m(__)m
サリフさん、良いですね。
日本で言うと皇族が音楽をしているようなものか。
強靭な力が宿った歌声に痺れます。

ではでは。


nanmo2 | URL | 2009年08月27日(Thu)20:38 [EDIT]


nanmo2さま

こんばんは。
このCDは持ってて、一頃梅雨時によく聴きました。

サリフさん、当初はずっととんがったような音のイメージがありましたが、
このアルバムあたりから、随分優しくなった気がします。
ライヴに行かなかった事を後悔したアーティストの一人です。

 シャケ | URL | 2009年08月29日(Sat)23:52 [EDIT]


Re: タイトルなし

> nanmo2さま
>
> こんばんは。
> このCDは持ってて、一頃梅雨時によく聴きました。
>
> サリフさん、当初はずっととんがったような音のイメージがありましたが、
> このアルバムあたりから、随分優しくなった気がします。
> ライヴに行かなかった事を後悔したアーティストの一人です。


シャケさん、おはようございます。
迷惑コメント(出逢い系サイト)対策の為承認制でお手数おかけして、本当に申し訳ないです。

> ライヴに行かなかった事を後悔したアーティストの一人です。
まだ生きてまっせ、その内また来日するでしょう。

ではでは。

nanmo2 | URL | 2009年08月30日(Sun)07:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。