音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こっちが本家なのだ! ロイ・ブラウン編

Roy Brown   ロイ・ブラウン

Hard Luck Blues

Hard luck and good rocking (Amazon mp3) に収録。

Good Rockin' Tonight

ジャンプの魅力がギュッと詰まった名曲。


The Very Best of Roy Brown Rockin at MidnightThe Very Best of Roy Brown: Rockin' at Midnight
(Amazon)
1. Good Rockin' Tonight
2. Lollipop Mama
3. Rockin' at Midnight
4. Fanny Brown
5. Mighty Mighty Man
6. Boogie at Midnight
7. Butcher Pete, Pt. 1
8. Butcher Pete, Pt. 2
9. Cadillac Baby
10. Sweet Peach
11. Love Don't Love Nobody
12. Good Man Blues
13. Bar Room Blues
14. Beautician Blues
15. Good Rockin' Man
16. Big Town
17. Hurry Hurry Baby
18. Old Age Boogie, Pt. 1
19. Old Age Boogie, Pt. 2
20. Grandpa Stole My Baby
21. Mr. Hound Dog's in Town
22. Bootleggin' Baby
23. Fannie Brown Got Married
24. Shake 'Em Up Baby
25. Good Lookin' and Foxy Too
全25曲

The Very Best of Roy Brown: Rockin' at Midnightの試聴はこちら→Amazon


”Hard Luck Blues”を聴くと、大抵の人は”ハート・ブレイク・ホテル”を思い浮かべることだろう。
そう、あの”キング・オブ・ロックンロール”と称されたエルヴィス・プレスリーの大ヒット曲のことである。
オリジナルはこちらのロイさん。
プレスリーのは、云わばパクリ!   (@_@;)
それも大手を振ってのパクリ!!
昔は著作権も緩かったようで、、、今では確実に訴訟問題になっちまうぜぃ。  (^_^;)

ということで、今回は大金持ちに成り損ねたロイ・ブラウン(Roy Brown)さんの紹介なのだ。

ロイさんは、1925年にルイジアナ州のニューオーリンズで生まれている。
ミュージシャンとしてのキャリアは、ゴスペル(シンガー)からスタートしている。
彼の母親もシンガーであり、(教会の)オルガン奏者でもあった。   
ジャンプ・ブルースを代表するシャウターの一人。
エルヴィス・プレスリーをはじめ、B.B.キング、ボビー・ブランド、リトル・ミルトン、ジェイムズ・ブラウン等々、彼から影響を受けているミュージシャンは数多い。
その割には知名度は低いが、、、、、   (涙)
代表曲は、
Good Rocking Tonight (1947)
Long about Midnight (1948)
Rockin' at Midnight (1948)
Hard Luck Blues (1950)
Let the Four Winds Blow (1957)  等々

さて、このベスト盤は”Hard Luck Blues”こそ収録されていないもののロイ・ブラウン(ジャンプ・ブルース)を知るには格好の一枚だろう。
ゴスペル仕込みのスクリーム(叫び)が炸裂しております。
昔は今と比べてマイクの性能もそれ程良くなかったので、自然とビッグ・バンドの音圧に負けない声量を持っていることがシャウターとしての必須条件だった訳で。
7,8曲目の”Butcher Pete”を聴くと、バンド・サウンドに埋もれることなくシャウターとしての本領が発揮されている。
6曲目(Boogie at Midnight) のブギ・ナンバーはどうだ、尋常で無いこの乗りの良さ。 (@_@;)
16曲目(Big Town)は、スマートな歌い方で男の色気を感じる。
25曲目(Good Lookin' and Foxy Too)は、ビックリするほどプレスリーにくりそつ!  (笑)
最大の聴き所は3曲目の”Rockin' at Midnight”
ジャンプ・ブルースの楽しさをギュッと濃縮したような演奏で、個人的にはジャンプを代表する名曲だと思っている。
マジお薦めなので、是非ともお聴きあれ。   (^_^)v


それにしても、ロイさんを聴く度につくづくプレスリーに似ているなぁと思うわけで、、、
特に25曲目の”Good Lookin' and Foxy Too” あたり。
本当はロイさんが本家(オリジナル)なのにぃ、、、   (笑)
ところで、エルヴィスからお中元(お礼)はあったんだろうか?  (^_^;)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。