音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新魅力、発見!

Dirko Juchem

"blues box" / jazz flute - beatboxing by Dirko Juchem




美しい楽器の代表格といえば、フルートを思い浮かべる人は多いことだろう。
その美しさは楽器の形(フォルム)だったり、音色だったり、演奏している人(若い女性)だったりする。
昔から「フルートは美しい若い女性が吹くもの」という世間一般の勝手な思い込み(固定観念)があるので、あまり美しくない野郎が吹くイメージは湧きにくいものである。

今回紹介するDirko Juchemさんは、そんな固定観念を物の見事に打ち破っています。
唾ペッペ奏法とでもいうんでしょうか?
フルートらしからぬ汚い音を発っしております。
美しい音も混在してはいるが、クラシックファンが聴いたら卒倒するかもね、、、、、
少なくとも賛同は得られないのでは。
唾が降りかかってきそうでかぶりつきで聴くのはご遠慮願いたいが、これはこれで有りだと思う。


固定観念に縛られ過ぎると、自ら楽しさを半減しているようなもので ツマラナイ。
かつてギターを寝かしたらドブロになったという歴史がありますから、しかもそのドブロの魅力といったらギターにも負けてはいない。
それにしてもDirkoさん、”Take Five” は(ペッペ)やり過ぎなのでは。 (笑)
なにもそこまで無理して演らんでも、、、、、  (^_^;)


Dirkoさんの試聴コーナー(myspace)
Dirkoさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。