音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魅惑の音色♪

Richard Galliano   リシャール・ガリアーノ

Richard Galliano Trio with Gary Burton - Il Postino



If You Love Me - Richard Galliano
If You Love Me
1. Milonga Is Coming
2. Triunfal
3. 'Hymne  l'Amour [If You Love Me]
4. Sinfonia 11 in G-Moll, BWV 797
5. Soledad
6. Para Jobim
7. Operation Tango
8. Romance del Diablo
9. Waltz for Debby
10. Postino
全10曲


希少楽器といえば、バンドネオンハモンドB3に続いてこのアコーディナ(accordina)も挙げられるであろう。
いずれもオンリーワンな魅惑的な音色をしていて、我々を惹きつける。
フランスの楽器工房でしか作られていない(完全オーダー制)らしく、お値段は目が飛び出るほどでこちらは魅惑的とはいかない。
しかしながら、一度この魅惑的な音色を聴いてしまうと虜になること必至で、その呪縛から逃げ出すことは思っているほど容易ではない。
当然作っている人が少なければ演奏する人も少ないわけで、実演しているのを目にする機会はあまりないだろう。
幸いにもyoutubeにアップされているので参考にしてくだされ。
how insensitive
Someday My Prince Will Come
Spleen (R. Galliano)

世界的に著名なアコーディオン奏者のリシャール・ガリアーノ(Richard Galliano)さんも、そんな数少ないアコーディナ奏者の一人。   
ヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンと共演したアルバム”If You Love Me”でも弾いて(吹いて)いる。
楽器自体が超マイナーな為、実演しているのを記録した媒体(CD)も珍しいのである。
音色はアコーディオンに比べるとさすがにボリューム感(多彩な音色)には欠けるが、その素朴な音がじわじわと沁みてくる。
ノスタルジックでセピア色に染まる!その音色はクセになりそう。


ところで、ボタンの配列はどうなっているんだろう?
バンドネオンみたいにバラバラなのか?
もしそうだとしたら、可愛らしい名前とは裏腹にマスターするのは大変そうですなあ。 (^_^;)


可憐な名曲”Sanfona”

Sanfona - Richard Galliano
(SanfonaはFrench Touchに収録。)

If You Love Meの試聴はこちら→cd Universe(track Listingをクリック)
リシャールさんの試聴コーナー(myspace)
リシャールさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

感涙…

昔ピアソラのCDを聴いてから、バンドネオンが大好きでした!アコーディオンより、断然バンドネオン!とひとり息巻いていたものです。
ハモンドB3も素晴らしい!!というか、トニー・モナコさんがすごいというか…。でも、オルガンの音も大好きです!

そして、このリシャール・ガリアーノさんのアコーディナは、また素晴らしい!!
アコーディナは初めて知りましたよ(・∀・)

切ない音色に、しっかりとした芯。はかなくも美しい、素晴らしい演奏です…
…(=∀=.)ジ〜ンときました!

あんこ | URL | 2009年04月05日(Sun)14:39 [EDIT]


こんばんは

あんこさん、初めまして。

アコーディナ、良いでしょ。
儚い楽器はとっても魅力的です。
お値段も目玉が飛び出るほど魅力的ですけど、、、
もうちょっとだけポピュラーになって欲しいものです。
コラという楽器も目から鱗ですよ〜〜。
カテゴリー、ワールドのところにアップしてますのでよろしければ、、、

ではでは

nanmo2 | URL | 2009年04月05日(Sun)20:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。