音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブルース・ボスとは、、、

Kenny "Blues Boss" Wayne   ケニー”ブルース・ボス”ウェイン

Kenny "Blues Boss" Wayne Teaches Blues Piano



video clip - live at the Montreal Jazz Festival

video clip - Going Down South (live)


88th  Jump Street-Kenny Blues Boss Wayne88th & Jump Street
1. My Nadine
2. River Of No Return
3. Laughing Stock
4. My New Gal
5. Going Down South
6. Whiskey Heaven
7. With These Hands
8. 88th & Jump Street
9. Don't Knock On My Door
10. Where Did My Baby Go?
11. Smokin' Boogie
12. We Love The Blues
全12曲


ブルース・ボスとは、こりゃまた大きくでましたな。
ブルース・ボスを名乗るからには、マディ(マディ・ウォーターズ)さんやウルフ(ハウリン・ウルフ)さんクラスでないと気が引けるような、、、、、 (笑)

ということで、今回は大沢親分もといケニー”ブルース・ボス”ウェイン(Kenny "Blues Boss" Wayne)さんの紹介です。

ケニーさんは1944年にアメリカはワシントン(州、DC?)で生まれている。
8才のとき、家族でサンフランシスコに引越している。
父親からはゴスペルを弾くように言われていたが、隠れてブギウギを弾いていたようである。
80年代にはカナダのバンクーヴァーに移り活動。
(横文字が苦手なもんで、間違っていたら御免なさいです。m(__)m)

さて、この”88th & Jump Street”は2002年にリリースされたアルバムである。
ロックはブルースから始まったとよく言われるが、このアルバムはそのことを如実に表している。
1曲目(My Nadine)、4曲目(My New Gal )、8曲目(88th & Jump Street )、9曲目(Don't Knock On My Door )と、ご機嫌なナンバーがズラリと並ぶ。
気分は、ジャンプ!ジャンプ!ジャ~~~ンプ!
3曲目(Laughing Stock)はブルース・ボスぶりが発揮されていて、ディープなブルースの世界に引き込まれそうだ。


日本ではまだまだですが、カナダ本国では賞を受賞(JUNO AWARD、MAPLE BLUES AWARD、REAL BLUES MAGAZINE WINNER、SOCAN NOMINEE等)するなど実力を認められているケニーさん。
こりゃ~、ブルース・ボスと名乗ることも認めざるを得ませんな。 (^^ゞ


ケニーさんの試聴コーナー(オフィシャルサイト内動画)親分もなかなかやるなあ。(^_^)v
88th & Jump Streetの試聴はこちら→emusic.com
ケニーさんの試聴コーナー(myspace)
ケニーさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。