音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょいと拝借

Magic Sam   マジック・サム


magic sam
Uploaded by fredozydeco


弘法筆を選ばず、正しくサムさんの為にあるような諺ですな。
アール(アール・フッカー)さんのギターを借りて、戸惑うことなく演奏しております。

という訳で、今回はマジック・サム(Magic Sam)さんの紹介です。

サムさんは1937年2月にミシシッピ州で生まれている。
13才のとき家族でシカゴに引越し、そこでシル・ジョンソンと出会い彼からギターを習っている。
1967年にはシカゴ・ブルースの代表作と言える”West Side Soul”をリリース。
1969年にはアメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル出演のために渡欧している。
(その時の映像が、これ。)
同年の12月に心臓発作により32歳の若さで急逝。  (T_T)
享年32才!!
ブルース・シーンを疾風のごとく駆け抜けていった人生でしたな。
合掌。

この映像が出たときは、それこそ腰が抜けるほどビックリ!!!
だって、伝説!のサムさんが動いているんですもん。
サムさん見たさに即購入し、それこそ穴が開くほど繰り返し繰り返し見たものです。
未だ飽きず。
いかしたフレーズでどんどん惹きこまれていきます。


バックメンバーもアールさんと同じで、これも借り物?なんでしょうか。  (^_^;)
どんな状況下でも、即順応するところが何とも凄い。
正に、弘法筆を選ばず!! ですね。


サムさんの試聴コーナー(myspace)
動くサムさん American Folk Blues Festival 1962-1966 Vol.2 [DVD] [Import]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。