音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過小評価のサニーさん

Sonny Landreth   サニー・ランドレス

Uberesso - Sonny Landreth @ Crossroads Guitar Festival 2007


From the Reach-Sonny Landreth
From the Reach (Amazon)
1. Blue Tarp Blues (with Mark Knopfler)
2. When I Still Had You (with Eric Clapton)
3. Way Past Long (with Robben Ford)
4. The Milky Way Home (with Eric Johnson)
5. Storm Of Worry (with Eric Clapton)
6. Howlin' Moon (with Dr. John and Jimmy Buffett)
7. The Goin' On (with Vince Gill)
8. Let It Fly (with Nadirah Shakoor)
9. Blue Angel (with Robben Ford and Vince Gill)
10. Uberesso
11. Universe (with Vince Gill)
全11曲
From the Reachの試聴はこちら→Amazon

う~~~む、速すぎて手元が良く見えん。  (笑)
その風貌はミュージシャンというよりは、研究を生業とする科学者のようである。

ということで、今回は見た目でかなり損しているサニー・ランドレス(Sonny Landreth)さんの紹介。
やっぱりメガネのブルースマンはちょっとなあ、、、というのが偽らざる本音である。
サングラスにしたら結構サマになると思うのだが。  (^^ゞ
正月早々紹介したジョン・キャンベルさん(2009年1月4日)に負けず劣らずの過小評価の人である。

そんなサニーさんは、1951年にアメリカのミシシッピ州で生まれている。
幼少時にすぐさまルイジアナ州に引越して、それ以来ルイジアナ州をベースに音楽活動を行なっている。  
10才の時にトランペットを始め、13才の時にはスコッティー・ムーア(エルヴィス・プレスリーのギタリスト)に感銘を受けてギターを始めている。
1970年代には、ザディコの大御所クリフトン・シェニエのバンドに参加。
1981年には、初のソロ・アルバム”Blues Attack”をリリースしている。
1980年代の半ばにはジョン・ハイアットのバンド、ゴナーズのギタリストとしてツアーに参加し、1988年に初来日を果たす。
1990年代にはズー・エンタテインメントからOutward Bound(1992年)、South of I-10(1995年)と2枚のアルバムをリリース。
2003年には、ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル出演のために来日している。
2004年にダラスで開催されたエリック・クラプトンのクロスロード・ギター・フェスティヴァルに出演。
2007年にシカゴで開催された第2回のフェスティヴァルにも出演し、エリック・クラプトンとの共演も果たす。

今までにリリースしたアルバムは合計で8枚になる。
 1981年 Blues Attack (Blues Unlimited)
 1985年 Way Down In Louisiana (Blues Unlimited) ※後にDown In Louisianaとして再発
 1992年 Outward Bound (Zoo Entertainment)
 1995年 South of I-10 (Zoo Entertainment)
 2000年 Levee Town (Sugar Hill)
 2003年 The Road We're On (Sugar Hill)
 2005年 Grant Street (Sugar Hill)
 2008年 From The Reach (Landfall)

さて、From the Reachは2008年にリリースされた最近作である。
エリック・クラプトンをはじめとするゲスト陣がなんとも豪華。
マーク・ノップラー、ロベン・フォード、Dr.ジョン、ヴィンス・ギル、ジミー・バフェット等々。
1曲だけ合作(The Goin' On )で、あとは全てサニーさんのオリジナル。
ゲストを考えての曲作りとなったようです。
ギターがボーカルと会話している5曲目の”Storm Of Worry”
カントリーのヴィンス・ギルが参加した7,9,11曲目はヴィンス本人に合ったピッタンコな曲となっており、曲作りがハマッてしまった成功例といえよう。
もちろん、超絶スライド・ギターの10曲目”Uberesso”にも痺れてしまう。


エリック・クラプトンやボニー・レイットにも高く評価されているサニーさん。
ミュージシャンズ・ミュージシャンとしてミュージシャン仲間だけのものにしておくのはなんとも勿体ない。
もっと認知されるには地味~~~なメガネを止めて度派手なメガネに替えるか、濃い目のサングラスにするのがベストかもね。   (^^ゞ


サニーさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいですねー

はじめまして!
サニー・ランドレスさん聴くのは今回初めてですが
カッコよさはないのに妙に好きになりました。
自分の世界を持ってるところがいいですネ憧れます〜^^
ギターをサムピックで弾いてるので、他のギタリストには
出せない味がありますね・・

わたしもギターはノーピック「一指し指」で普段弾いてます。
よかったらブログで聴いてみてくださいUPしてます〜♪
また遊びにオジャマしますね!

bunta52 | URL | 2009年10月24日(Sat)13:39 [EDIT]


Re: いいですねー

> はじめまして!
> サニー・ランドレスさん聴くのは今回初めてですが
> カッコよさはないのに妙に好きになりました。
> 自分の世界を持ってるところがいいですネ憧れます〜^^
> ギターをサムピックで弾いてるので、他のギタリストには
> 出せない味がありますね・・
>
> わたしもギターはノーピック「一指し指」で普段弾いてます。
> よかったらブログで聴いてみてくださいUPしてます〜♪
> また遊びにオジャマしますね!


初めまして、bunta52さん。

自分は楽器をやらない(出来ない)のですが、素人目にもサニーさんの凄さが分かります。
サニーさんすました顔でやってますが、これって結構難しいんでしょうね。
実力のわりには人気がサッパリなサニーさんです。
何かきっかけがあればブレークすると思いますが、、、

本日はご訪問ありがとうございました。

ではでは。

nanmo2 | URL | 2009年10月24日(Sat)19:44 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。