音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アラバマの熱~~い風

Five Blind Boys Of Alabama   ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ
(Blind Boys Of Alabama)   

①Five Blind Boys Of Alabama - If I Had A Hammer


②Five Blind Boys Of Alabama - Amazing Grace


③Five Blind Boys Of Alabama - Look Where He Brought Me From


④Five Blind Boys Of Alabama - Look Where He Brought Me From


⑤Five Blind Boys Of Alabama "Look Where He Brought Me From"



毎日毎日、暑い日が続きますなあ。
梅雨はいったいどこへ行ったんでしょう。
もう実質梅雨明けのような気がします。


そんな最中、体温が3度もヒートアップしそうなグループを紹介するのはちょっと気が引けますが、暑い日に熱いものを食べると体感温度が下がるということでFBBAの紹介です。
ますますヒートアップしてもらいましょう。  (笑)

ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ(Five Blind Boys Of Alabama)は、1939年!!に結成され今でも現役!!で活動しています。
もちろんメンバーは相当数変わりましたが、つい最近までオリジナル・メンバーのクラレンス・ファウンテンさんが在籍しておりました。
このグループの生き字引きと言うべき功労者です。

ここで簡単なプロフィール紹介)
アラバマ州の盲学校の生徒たちによって組まれた12人編成のグリー・クラブから6人(ヴェルマ・トレイラー、トミー・ギルモア、クラレンス・ファウンテン、ジョージ・スコット、ジョニー・フィールズ、オリス・トーマス)が独立して活動するようになったのが、このグループの始まり。
結成当初はハッピーランド・シンガーズと名乗っている。
やがてラジオ番組に出演するようになり、1945年には全国規模のゴスペル・コンテストで見事優勝!
一躍アメリカ全土に名を馳せる。
ハッピーランド・シンガーズからファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマにグループ名が変わったのは、やり手のプロモーターの発案から。
当時人気のあったファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピに対抗させる形でファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマと名付け、両者を競わせたそうだ。
勝敗は聴衆に決めてもらうこの企画が大受け。
それ以来長いことファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマを名乗っている。
二つのブラインド・ボーイズは良きライバルですが、メンバー同士の行き来もあり仲が良かったようです。
現在はファイブが取れて、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマになっている。

さて、①から③のモノクロの動画はニューオーリンズでのライブのようです。
カメラマンのアラーキーさんに似ている小柄な方が現メンバーでもあるジミー・カーターさんで、大柄な方がクラレンス・ファウンテンさんです。
ジミーさん、首根っこを掴まれた悪ガキがジタバタしているようでユーモラスで笑えますが、歌はホンマモン!! 
いったいこの凄まじいパワーはどこから来るんだろう。  (@_@;)
クラレンスさんも負けてはいません。
二人して、シャウト、シャウト、シャウト!!
ツイン・リード・ボーカルが、気持ちエエ~~~。
ただただ、ただただ、凄い!!、そして、熱い!!!
カッコイイ親父たちです。
決して、おじいちゃんではない(キッパリ)。


如何でしょうか?
こんなカッコイイ、ゴスペルもあるんです。 (^_^)v
キャンベル・ブラザース(2007/06/23掲載)も凄かったけれど、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ も負けていませんな。
禁断の果実の味を知ってしまった、あなた!、この呪縛から逃れるのは無理、、、かも。(^^ゞ


ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマの新譜Down in New Orleans
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマの試聴コーナー (myspace)
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
ブログにおいでくださってどうもありがとうございました。
パワフルなブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマの
ご紹介ありがとうございました。
しみじみと聞き入りました。
アラバマというなんだかローカルな地名の
入ったグループ名もいいですね。

penpen | URL | 2008年07月19日(Sat)23:15 [EDIT]


へえ〜
すごくパンチのきいたゴスペルがあるんですね〜
ゴスペルというと、もっと違うイメージでした・・

私のいるところは南部なので黒人さんが多いです。
皆さん、とってもフレンドリー・・・歩いていると挨拶してくれますが
何を答えていいやらわかりません。
だって、知らない人に「いやあ、元気?どう、調子は?」って
聞かれても・・・言葉につまる私。

娘には「いいわよ。ありがとう」って言えばいいとは言われますが・・
店員さんやら、警備員の人やら、すれ違った人やら・・いろんな人に挨拶され、
「あれ?前に会ったっけ?」などと、びっくりする毎日です(笑)


Sky(更年期主婦) | URL | 2008年07月20日(Sun)14:01 [EDIT]


nanmo2さん、こんにちは♪
宜しくお願い致します。
楽しみにお待ちしていますね。
ゴスペル大好き♪
身体が自ずとリズムを刻みますよね。
悲しくなったり楽しくなったり、ゴスペルはSOULに響きます。
でも希望が必ず込められている様で、生活に密着していていいなぁ。

Fuwari Funwari | URL | 2008年07月20日(Sun)16:11 [EDIT]


おはようございます。

penpenさんへ

>しみじみと聞き入りました。
しみじみと!!ですかあ? 
オイラはノリノリと聴きますが、(笑)
まあいずれにせよ、聴き入ることは確かです。 (^^ゞ

Skyさんへ

>すごくパンチのきいたゴスペルがあるんですね〜
ゴスペルのイメージが変わったでしょう。
このグループは他流試合もこなすので、ジャンルの垣根を超えてファンが多いです。
ところでアメリカ生活はもう慣れましたか?
挨拶の返事は、”相手の目を見てニッコリ!”
これですよ、これ!!
世界共通語のスマイルがあるじゃナイスか。 (^_^)v

Fuwari Funwariさんへ

>悲しくなったり楽しくなったり、ゴスペルはSOULに響きます。
ゴスペルに限らずSOULに響くかどうかは重要ですな。
なんと心に響かない曲の多いことよ。
特にエイ○○○ス!

本物の音楽探しの旅は続くのであった。 (^_^;)

ではでは。

nanmo2 | URL | 2008年07月21日(Mon)06:45 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。