音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぶる~すぴあのぷれいや~ その2

Aaron Moore   アーロン・ムーア

Blues pianist Aaron Moore 2/10/08

ちょっと重いです。暫らくしてからどうぞ。 m(__)m

Blues pianist Aaron Moore 2/10/08 pt. 2


Blues pianist Aaron Moore 2/10/08 pt. 3



Boot Em Up-Aaron MooreBoot 'Em Up
1. I Want My Baby Back
2. You Look So Good to Me
3. Boot 'Em Up!
4. I Thought Your Love Was True
5. Bedroom Invitation
6. Just Let Me Love You
7. My Love Is Out of Control
8. I Can't Stand to Be Alone
9. Hind Part Boogie
10. Made a Change in Your Love
11. Real Throw Down
12. Wading in Deep Water
13. You Came to Me in a Dream
14. Lonely Mood
15. Waiting on Your Love
16. Confusing World
17. Faithful Love
全17曲


シカゴ、ブルース、ピアノときたら、この人も外せないでしょう。

ということで、アーロン・ムーア(Aaron Moore)さんの紹介です。

アーロンさんは1928年ミシシッピー州のグリーンウッド生まれ(自己申告)。
ところが奥さんによると10才ほど(若く)サバ読んでいるとのこと。
実際は1918年頃に生まれたようです。
アーロンさん、なかなかお茶目なところがありますなあ。  (^_^;)
母親がピアノ教師ということもあって幼い頃からピアノを始めている。
カウント・ベイシー、テディ・ウィルスン、アール・ハインズ等のジャズを聞いて育つ。
1951年シカゴに引越し、音楽活動を始めている。
タンパ・レッド、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ等のそうそうたるブルースのビッグネームのバンド・メンバー(ピアニスト)として活動。
なんと初リーダー・アルバム(Hello World)をリリースしたのが1996年(当時78才位!)という、超遅咲きのブルースマンである。
この(Boot 'Em Up)は2作目で、お年はゆうに80才は超えているものと思われます。

動画は今年2008年の2月に録画されたもので、推定年齢なんと90才!! (@_@;)
お達者ですなあ。
指もまだまだしっかり動いております。
演奏の機会を設けて自分たちの伝統(ブルースの街シカゴ)を大切にするシカゴの皆さんも又、素晴らしす。

さて、このアルバム(Boot 'Em Up )は9年前の1999年にリリースされた2枚目のリーダー・アルバムで、録音当時81才と推定されます。
80才を越えているとは思えないほど、若々しい歌声でビックラこきます。
歩くようなテンポが心地良い4曲目の”I Thought Your Love Was True”が気に入りました。


アーロンさんには、是非とも100才を目指して頑張ってもらいたいものです。
もちろん、生涯現役として。
地元シカゴの皆さん、(これからも演奏の機会を設けて)アーロンさんのサポートよろしゅう頼んます。 m(__)m

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。