音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぶる~すぴあのぷれいや~

Barrelhouse Chuck   バレルハウス・チャック

Chicago Blues Piano Player Barrelhouse Chuck

直リンクはこちら → Youtube


Got My Eyes on You-Barrelhouse ChuckGot My Eyes on You (Amazon)
1. Floyd's Blues
2. Call My Job
3. Got My Eyes on You
4. Mother Earth
5. Cleo's Mood
6. It's You Baby
7. School Days
8. Bright Sounds of Big Moose
9. Just to Be with You
10. Big Town Playboy
11. Red River Rumba
12. Mama You Don't Mean Me No Good
13. Iza Mae
全13曲


ブルースのディーープな世界へようこそ。

ということで、今回は知る人ぞ知る(知らない人は知らない (^_^;))シカゴのぶる~すぴあのぷれいや~のバレルハウス・チャック(Barrelhouse Chuck)さんの紹介です。 

チャックさんは1958年7月にアメリカのオハイオ州で生まれている。
本名はCharles Goeringで、Barrelhouse Chuckはいわば芸名。
6才のころからドラムを習っていたが、のちに(オーティス・スパンを聴いたことにより)ピアノに乗りかえている。
もし、オーティス・スパンを聴かなかったら、未だドラマーのままだったかもしれない。  
サニーランド・スリムをアイドルとし、未だ伝統にのっとったシカゴ・スタイルを貫く様は清い。
アルバムも10枚ほどリリースしており、この(Got My Eyes on You)は2006年にリリースされた最近作である。

さて、このアルバムはラストの” Iza Mae ”だけがチャックさんのオリジナルで、他の12曲はカヴァー曲となっております。
ブルースハープのキム(Kim Wilson)さんがやたら元気で、おもわず「おまえがリーダーか?」とツッコミを入れたくなります。 (^_^;)
聴き所満載で全曲出来が良いんですが、敢えて一曲選ぶとすれば彼のオリジナル曲の” Iza Mae”でしょう。
他の(先輩達の) 曲に負けていません。
むしろ勝っています。
短めの曲ですが、チャックさんの軽やかな鍵盤さばきに乗って心うきうきになれる佳作。


チャックさん、楽しそうにピアノを弾いておりますなあ。
これからもシカゴ・ブルースの魅力を伝えていって欲しいものです。
後30年は大丈夫でしょう。  (^^ゞ


チャックさんの試聴コーナー (myspace)
チャックさんの試聴コーナー(オフィシャルサイト) ゲップが出るほど、たっぷり聴けます。 (^^ゞ
チャックさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

nanmo2さん、こんばんは。
遊びに来て下さって、
ありがとうございます。<m(__)m>
先日はyerba buenaも楽しめました。
どうもです。
ラテンの流れが情熱的な曲でした。
ティーブレイク、笑っちゃう位大漁ですね。
っていうか、勝手に大漁。笑
バレルハウスさんのピアノを叩く指が
羽根のようですね。
ごっつそうな指からは想像もつかない音と
指の動きで、感激しました。
こういった人が、ブルースの伝導を
しているんでしょうね。
カッコイイ方です。
nanmo2さんって、ブルース好きですか?

Fuwari Funwari | URL | 2008年06月17日(Tue)20:07 [EDIT]


アンサー(ブルースはお好き?)

どーも、うたた寝をして、毎日更新が途切れたnanmoです。(^^ゞ

>ブルースはお好きですか?
そうですな。
ブルースも好きです。
正確に言うと、ブルースという音楽とそれを生業とするブルースマン(ブルースウーマン)の生き様が好きです。

特に、
エルモア・ジェームス (2007/07/02) 泣く子も黙るDust My Broom
エタ・ベイカー (2007/12/09) 優しさに溢れたKnoxville Rag
ニール・パットマン (2007/12/08) 魂の歌Prison Blues
ジョン・キャンベル (2008/05/06) A Man & his Bluesは名盤
あたりは、涙チョチョギレものです。

彼等は生き方からして、もうブルースしちゃってます。

ではでは。

nanmo2 | URL | 2008年06月18日(Wed)06:53 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。