音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファドの未来

Ana Moura   アナ・モウラ

Ana Moura - O Fado da Procura



Para Alem da Saudade-Ana MouraPara Alem da Saudade
1. Os Buzios
2. E Viemos Nascidos do Mar
3. A Voz que Conta a Nossa Historia
4. Aguas do Sul
5. O Fado da Procura
6. Rosa Cor de Rosa
7. Primiera Vez
8. Nao Fui Eu
9. Mapa do Coracao
10. Aguarda-Te Ao Chegar
11. Ate Ao Fim Do Fim
12. Fado das Horas Incertas
13. Vaga, No Azul Amplo Solta
14. Vehlo Anjo
15. A Sos com a Noite
全15曲

手前のギターラ(ポルトガル・ギター)の親父がノリノリです。 (笑)
当たり前のことですが、こういう明るいファドもあるんだなと今更ながら実感。

ということで、ジョアナ・アメンドエイラ(2007/06/24記2008/01/27記)さんに引き続き若きファデスタ、アナ・モウラ(Ana Moura)さんの紹介です。

アナさんは、(wikipediaによると)1980年にポルトガルで生まれています。
ファド好きで自らも歌っていた両親のもとで幼少時代を過ごしている。
十代のころは地元のバンドで今時の若者のようにロックやポップスを歌っていたそうな。
ある時友達と一緒に出かけたファドハウスで、その狭いライブ空間で歌い手、ギタリスト、そして熱狂的なファンがポルトガルが生んだ最も偉大な音楽ファドを崇拝している様を目の当たりにする。
衝動に駆られた彼女はどんどんファドにのめり込んでいくことになる。
来る日も来る日もファドハウスで見習いとして歌う日々が続き、やがてメディアにも採り上げられるようになりその実力が認められてきている。

さて、このアルバム(Para Alem da Saudade)は彼女にとって通算3枚目のアルバムとなる。
ド・ファドなジョアナさんに比べると、ちょっとポップな感じがして親しみやすい。
この人も普段のしゃべり(インタビュー動画)と歌っている時のギャップがかなりあります。
普段は低音で穏やかに話されるんですねえ。
ところがいったん歌い始めると、毎度のこと胸がキューンと締め付けられるんですけどね。
それにしても、目の覚めるような美人さんですな。
ジョアナさんはじめポルトガルは美人の宝庫なんでしょうか? (笑)
全曲ホントーに粒揃いの佳作ばかりですが、敢えてベストトラックを選ぶとしたら13曲目の”Vaga, No Azul Amplo Solta”でしょうか。
明日になるとまた違っていると思います、悪しからず。
それほどみんな高いレベルの良作で捨曲はいっさいありません、キッパリ! (^^ゞ
この郷愁(哀愁)を呼ぶ歌声は一聴の価値あり。


ポルトガルのファドの未来は明るいです。
ジョアナさんと一緒になって(二枚看板として)、ファドをもっともっと世界に広めてもらいたいものです。
二人ともデラベッピンさんです、国際結婚するならポルトガル人かも!? (笑)


アナさんの試聴コーナー (myspace)
アナさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。