音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クロード・ジーター牧師を偲ぶ

Claude Jeter   クロード・ジーター

Swan Silvertones " Tell God" & "I'm Not Tired Yet"


Swan Silvertones American Gospel Quartet

ジーターさん、地声と裏声で一人デュエットしてます。  (^_^)v


Mary Dont You Weep - The Swan SilvertonesMary Don't You Weep (Amazon)
1. I'm Not Tired Yet
2. Only Believe, Pt. 1
3. Only Believe, Pt. 2
4. Mary Don't You Weep
5. Christian's Plea
6. Step by Step
7. Tell God
8. Amazing Grace
9. Lord, I'm Your Child
10. I Love the Lord (I'm Going on With Jesus)
11. Oh Lord, Thank You
12. Well, Well, Well
全12曲
Mary Don't You Weep の試聴はこちら→Amazon


クロード・ジーター牧師が1月に亡くなっていた。
かつてスワン・シルヴァートーンズの看板スターだった人である。
某雑誌で知ったわけだが、もうてっきり天国の人と思っていた。
おいおい勝手に死なすな~~~~~!     (^_^;)
なにせ1938年頃から活躍していた人だから、無理からぬ話ではある。
遅まきながら、彼の美声を聴いて故人を偲びたいと思う。

ジーターさんがFour Harmony Kings(改名前の母体となったカルテット)を結成したのは1938年のこと。
(詳しくは、2009年2月19日の記事で)
それ以来長きに渡って活動を続けてきたが、とりわけSpecialty時代(1951~1955年)がひと際輝く最も脂の乗った絶頂期と言えるだろう。
Trouble in my way”や”My Rock”の素晴らしさは、なんて表現したら良いのだろうか。
一言で言うのは到底無理なんですが、強いて言うなら「激烈!」
寝たきりの爺さんも飛び上がって走り出す勢いである。
「ゴスペルなんてちょっと」と思っているそこのあなた、是非是非聴いて欲しい。
ゴスペルに対する認識がガラリと変わるはずだ。

Specialty時代は、押し並べてみな素晴らしい。
” Tell God”、”I'm Not Tired Yet”とて例外ではない。
男も惚れるジーターさんのスイート・ヴォイス、願わくば一度生で聴きたかった、、、
Specialty時代より少し前に録音された”Lord I've Tried ”も、思わず聴き惚れてしまう。


今宵はジーター牧師の一人デュエットを聴いて故人を偲びたいと思う。
合掌、、、、、

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。