音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブルース・ウーマン (その4)

Eden Brent   イーデン・ブレント

Eden Brent sings "I Can't Seem To Lose This Memory"



Mississippi Number One-Eden BrentMississippi Number One (Amazon)
1. Mississippi Flatland Blues
2. He'll Do the Same Thing to You
3. Darkness on the Delta
4. Love Me 'Til Dawn
5. Fried Chicken
6. Mississippi Number One
7. Man I Love
8. Carless Love
9. Meet You Anywhere
10. Why Don't You Do Right
11. Afraid to Let Go
12. Close the Door
13. All Over Me
14. Trouble in Mind
15. Until I Die
全15曲

動画の曲(I Can't Seem To Lose This Memory)は、アルバム Something Cool に収録。

ブルース・ウーマン紹介も今回で4人目。
目標の30人はまだまだ遠いのう。  (^_^;)

というわけで、イーデン・ブレント(Eden Brent)さんの紹介です。

フィンランド (イリア・ライチネン 2007/06/30記)
スウェーデン (ルイーズ・ホフステン 2007/12/14記)
セルビア (アナ・ポポヴィッチ 2007/12/29記)

と来て、ようやく本国アメリカにたどり着きました。 (笑)
イーデンさんはBoogaloo Amesさんについて、音楽を学んでいます。
(動画のイーデンさんのとなりに座っているのが、師匠のエイムズさん)
1984年から一緒に音楽活動をしていたようです。

他の動画を見れば分かりますが、その歌声はやや粗いが力強く”馬力のある歌声”という感じです。
笑い方もとても豪快で、繊細な曲は合わない(不向き)と思わせますが、そんなことはありませんでした。

3曲目の”Darkness on the Delta” と4曲目の”Love Me 'Til Dawn”には、彼女の魅力がギュッと凝縮されてます。
8曲目(Carless Love)と12曲目(Close the Door)のピアノプレイも捨てがたい。
なお、1曲目の(Mississippi Flatland Blues )は、イーデンさんのお母さん!が作曲したそうです。


やっぱり、思いこみで聴くのはいけませんなあ。
イーデンさん、御見逸れいたしました。  (^^ゞ


イーデンさんの試聴コーナー(CD Baby)
イーデンさんの試聴コーナー2 (myspace)
イーデンさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。