音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャケ買いしたくなる、、、

The Weepies    ウィーピーズ  

The Weepies - Nobody Knows Me At All



Say I Am You-The weepiesSay I Am You
1. Take It From Me
2. Gotta Have You
3. World Spins Madly On
4. Citywide Rodeo
5. Riga Girls
6. Suicide Blonde
7. Painting by Chagall
8. Nobody Knows Me At All
9. Not Your Year
10. Living In Twilight
11. Stars
12. Love Doesn’t Last Too Long
13. Slow Pony Home
全13曲

緑とオレンジをバック(配色)に、会話を楽しんでいるかのような白い小鳥が二羽描かれたなんとも可愛らしいイラスト・ジャケットである。
皆こんなアルバム・ジャケットだったら、購買意欲もわくというもの。
(判で押したようなミュージシャンの顔写真がデンと載ってるアルバムジャケットは、味気なくゲンナリ!である。)

今回紹介するのは、アメリカのフォーク デュオのThe Weepies(ウィーピーズ)のお二人です。 

元々、お互い別々にソロで活動していたようですが、ボストン近郊のコーヒーハウス(仕事場)で出会い意気投合して結成した模様。 
女性はDeb Talanさんですが、別にデブってはいません。 (笑)
男性はSteve Tannenさん。
結成以前に、Debさんは3枚、Steveさんは2枚CDをリリースしています。
お互い、相手のCDを愛聴していたようです。
その時から見えない赤い糸で結ばれていたんですね。

さて、肝心の曲ですが11曲目の"Stars"が一番心に響きました。
小川のせせらぎを思わせるようなギターの伴奏に乗って、Debさんの淡々とした歌声が心に沁みます。
2曲目の”Gotta Have You ”も韻を踏むようなメロディーが魅力的で、聴き終わってもしばらく頭からメロディーが離れません。
作曲のセンスの良さを感じずにはいられない。


上質のフォーク デュオを聴きたいなら、The Weepies(ウィーピーズ)で間違いないでしょう。
赤ちゃんも生まれた(おめでとうございます!)ことだし、末永く活動されることを願ってます。(^_^)v  


ウィーピーズの試聴コーナー(myspace)
ウィーピーズのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。