音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

切れてな~い! いやいややっぱり(演奏が)切れてるクリス・デュアーテさん。

Chris Duarte   クリス・デュアーテ

Driving South (Omaha 2001)

直リンクはこちら → Youtube

Driving South (Appleton 2003)

直リンクはこちら → Youtube

Tailspin Headwhack - Chris Duarte
Tailspin Headwhack (Amazon)
1. Cleopatra
2. Crimino
3. Thrill Is Gone
4. Drivin' South
5. Catch the Next Line
6. Tailspin Headwhack
7. People Say
8. Crazy
9. .32 Blues
10. Walls
全10曲


Chris Duarte (G)
John Jordan (B)
Greg Morrow (Ds)
Reese Wynans (Organ,Keyboard)
etc,,,
   
Tailspin Headwhack の試聴はこちら → Amazon


クリスさんを知ってからかれこれ12~13年になるだろうか。
ポスト・スティーヴィー(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)の一番手として期待されていたのを昨日の事のように思い出す。
それからキャリアをどんどん積み上げて、実力に人気が追いついて来たのをクリス・ファンの一人として本当に嬉しく思う。

ということで、今回は人気も実力も兼ね備えてきたクリス・デュアーテ(Chris Duarte)さんの紹介です。

クリスさんは1963年にアメリカのテキサス州で生まれている。   
8才のときにテレビで見た「屋根の上のヴァイオリン弾き」で音楽に興味を持ち、やがてギターを弾くようになる。
14才でエレキギターに持ち替えて、16才では地元サンアントニオのバンドで演奏し始める。
ほどなくしてオースティンに引越し、自分の誕生年と同じ1963年製フェンダー・ストラトキャスターを500$でゲット。
ジョン・コルトレーンやマイルス・デイヴィス等のジャズ音楽を探求し始める。
やがてレコード会社シルヴァートーンと契約し、1994年に「Texas Sugar/Strat Magik」でメジャー・デビュー。
初レコーディングは1987年の「Chris Duarte & The Bad Boys」1987 (SRS Records)

以後通算で9枚のアルバムをリリース。
 ・Chris Duarte & The Bad Boys, 1987 (SRS Records)
 ・Texas Sugar/Strat Magik, 1994 (Silvertone)
 ・Tailspin Headwhack, 1997 (Silvertone)
 ・Love Is Greater Than Me, 2000 (Zoë/Rounder)
 ・Romp, 2003 (Zoë/Rounder)
 ・Blue Velocity, 2007 (Blues Bureau International)
 ・Vantage Point, 2008 (Blues Bureau International)
 ・396 - Chris Duarte & Bluestone Co., 2009 (Blues Bureau International)
 ・Something Old, Something New, Something Borrowed, All Things Blue, 2009
  (Blues Bureau International)

さて、この「Tailspin Headwhack」は1997年にリリースされた通算で3枚目のアルバムである。
オリジナル(共作含む)から6曲、カヴァーから4曲(3、4、7,8)がリストアップ。
カラフル・サウンドながら要所で極太ギターが炸裂する”Cleopatra”(1)、アップテンポで痛快な”Crazy”(8)も悪くはないが、ここは何と言っても”Drivin' South”(4)で決まりでしょう。
この曲はジミ・ヘンドリックスとも共演していたカーティス(Curtis Knight)さんの作品。
ギター小僧、ギター青年、ギター熟年、ギターマスターも大納得のパフォーマンスが繰り広げられています。
ジャンル的にはブルースロック、それも限りなくロックに近い、いやロックと言っても差し支えないかも。
こんな驚愕のギター・プレイを目の前にしたら、そんなチッチェー(小さい)ことは最早どうでもいい、、、
その極太サウンドにただひたすらに酔いしれるのみ。 (^^ゞ


やはり只者ではありませんなあ、クリス・デュアーテさん。
これからもジョー(ジョー・ボナマッサ)やマイク(マイク・ジト)さんの良き先輩として増々活躍してもらいたいものですなあ。   (^_^)v


関連記事
ギター小僧もロック小僧も、みんな寄っといで~。  ~クリス・デュアーテ・グループ~


クリスさんの試聴コーナー (myspace)
クリスさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

nanmo2さん、こんばんは^−^
携帯の人の為に直リンク貼ってくれたんですね。
わたしみたいに携帯からお邪魔する者にとって有難いっす^^
ちなみにnanmo2さんもギター弾かれるんですか?^^

Fuwari Funwari | URL | 2010年05月17日(Mon)23:24 [EDIT]


Re: タイトルなし

> nanmo2さん、こんばんは^−^
> 携帯の人の為に直リンク貼ってくれたんですね。
> わたしみたいに携帯からお邪魔する者にとって有難いっす^^
> ちなみにnanmo2さんもギター弾かれるんですか?^^

Fuwari Funwariさん、こんばんは。
携帯から訪問される方にも楽しめるブログにしたいと思いますが、何せテンプレートがPC用なので不都合のときはご容赦のほどを、、、 m(__)m
近々高画質(ビッグサイズ)に対応したテンプレートにしようと思案中ですが、「帯に短したすきに長し」状態で、さあ困った。 (笑)

>ちなみにnanmo2さんもギター弾かれるんですか?
ギターをはじめ楽器はまるっきり出来ません。
正確にいうとドラムを少々、小学校の鼓笛隊(中太鼓)だけ。
腕前は推して知るべし、、、
でも、運動会では注目の的でヒーロー気分でしたな。 (^^ゞ

ではでは。

nanmo2 | URL | 2010年05月18日(Tue)19:43 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。