音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

原田芳宏のスティールパンが心地良い。

原田芳宏

原田芳宏 - ゆるカフェ~ココナッツ
ゆるカフェ~ココナッツ (Amazon)


ジャケ買いに失敗はつきものですが、これは心配御無用。
だって、ジャケットから思い浮かぶ音がそのまんま出てきますから。

本当にそのまんま!!

ということで、今回は原田芳宏さんのご紹介。

原田芳宏さんは我が国を代表するスティールパン奏者。
スティールパンは独学で習得。
1994年にバンド「PAN CAKE」(スティールパン、アコーディオン、ギター)を結成。
他に、
ソロ活動「PAN ALONE」
40人以上の大編成による「PANORAMA STEEL ORCHESTRA」
を行っている。
いままでに、リーダーアルバムを15作リリース。

ホームページには、
音楽を通して表現し求める事は
「心を新たにする」
それに尽きる。
とある。

「マンネリになるのは極力避けたい、いつも新鮮でいたい」との思いがあるようだ。

さて、早速「ゆるカフェ~ココナッツ」を聴いて行くとしよう。

メンバーは、
原田芳宏 (Steel Pan)
石川智 (Drums, Percussion)
越田太郎丸 (Guitar)
山下 Tipo 洋平 (Quena)
の4名。

全15曲中6曲がオリジナル、他の曲も原田流アレンジが施されている。

冒頭から3曲までオリジナルが続くが、1曲目 (Shell's Dream) は曲というよりは序章といった感じ。
続く2曲目 (Photos) でいきなしクライマックスがやって来る。
絶え間なく打ち寄せるさざ波のようにメロディーが繰り返される。
「このまま、ずーーーーーっと永遠に続いても構わないよな~~~」との思いが湧いてくる。
そして3曲目 (Heart of Paradise) に雪崩れ込むのである。
コーラスが参加してるように聴こえるが、これは原田さんのテクニックによるもの。

アンドリュー・シスターズでお馴染みの「Rum and Coca Cola」
オリジナルは語尾をかなり強調してるけど、原田流は軽やかに流す。
こっちの方が良いんじゃないの~~~、山田君、座布団3枚。

他に、
Blue Moon
Nearer. My God. to Thee
You Are My Sunshine
あたりが上出来だ。

その間を埋めるのも、中ジャケットのような波打ち際のヤシの木に吊るされたハンモックで寝そべりながら聴きたくなる曲ばかりだ。

企画物と軽~~~く見がちだが、なかなかどうして充実の一枚である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する