音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ギター弾きの恋」の影武者ギタリスト、、、ハワード・アルデン。

Howard Alden   ハワード・アルデン

Just A Gigolo


I'll see you in my dreams



ギター弾きの恋 Soundtrack
ギター弾きの恋 (Amazon) ※サウンドトラック
ギター弾きの恋 ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD] (Amazon)


ウディ・アレン監督の映画「ギター弾きの恋(Sweet and Lowdown)」でショーン・ペン演ずる天才ジャズ・ギタリスト!エメット・レイのサポート(吹き替え)をしていたのがハワード・アルデンさん。
長らくコンコード・レーベルの看板スターとして活躍してきたベテラン・ギタリストだ。
彼の演奏はいつ聴いても安心感があり、期待を裏切らない。

ということで、今回は益々脂が乗ってきたハワード・アルデン(Howard Alden)さんのご紹介。

ハワードさんはアメリカのジャズ・ギタリスト。
出身はカリフォルニア州で、1958年の生まれ。
7弦ギター、バンジョーもこなす。
主にオールド・スタイル(スウィング・ジャズ)を得意としている。

1999年のウディ・アレン監督作品「ギター弾きの恋」ではエメット・レイ役のショーン・ペンに代わってギター演奏を行う(吹き替える)。
所謂、影武者ギタリストとして映画デビュー。
そのことにより今までジャズ・ファンだけだったのが映画ファンにも広く認知されるようになった。


新しいファンを掴むには、時には冒険も必要ということやね。
それにしてもジンワリと温かくなる遠赤外線のようなサウンドだねぇ。


ハワードさんのウェブサイト

関連記事
認識が覆る時。 セロニアス・モンク編  ~ Moreno & Marina Quintet ~

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。