音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天使の歌声!、、、シェルビー・フリント。

Shelby Flint   シェルビー・フリント

Our Town  (オリジナル)


I've Grown Accustomed to His Face


Hi-Lili, Hi-Lo

私のエンジェル (Amazon) にも収録。


シェルビー・フリント - 風の吹くまま
風の吹くまま (Amazon)


歌声そのものに大変魅力のある人である。
透き通るような美声、「天使の歌声!」と言われたのも頷ける。

ということで、今回は癒し系シンガーのシェルビー・フリント(Shelby Flint)さんのご紹介。

シェルビーさんはアメリカのシンガー・ソングライター。
1939年にカリフォルニア州(イリノイ州という説も)で生まれている。
現在も現役のようである。

1958年にケイデンス・レコードより”アイ・ウィル・ラヴ・ユー”でレコード・デビュー。
1961年に”私のエンジェル(Angel on My Shoulder)”が全米22位のヒット。
1966年に”Cast Your Fate to the Wind”が全米61位のヒット。

アルバム(リーダー作)は4枚は出してるようだ。
 Shelby Flint (1961)
 Shelby Flint Sings Folk (1963)
 Cast Your Fate to the Wind (1966)
 Don't Stop the Music (1979)

さて、この「風の吹くまま(Cast Your Fate to the Wind)」は1966年にリリースしたサード・アルバム。
ビートルズの”Yesterday” 、ヴィンス・グアラルディの”風の吹くまま”、ブロードウェイ・ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の挿入歌”I've Grown Accustomed To Her Face”等のカバー曲に、”Moonlight”、”The Lily”、”Our Town”等のオリジナル曲が加わったラインアップとなっている。
カバーは”Hi-Lili, Hi-Lo”、オリジナルは”Our Town”が気に入った。


優等生が歌っているようで面白味に欠けると見る向きもあるが、これはこれでありだと思う。
ストレートに歌うとストレートに心に響くものである。
こねくり回し過ぎはすぐ飽きるものだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。