音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の一曲♪ デューク・ピアソンの”ジェニーン”

Duke Pearson   デューク・ピアソン

Eddie Green Trio - Jeannine


Duke Pearson Trio - Jeannine  (オリジナル)

Bags Groove (Amazon mp3) に収録。


Eddie Green Trio - This Ones For You
ジス・ワンズ・フォー・ユー (Amazon)


通好みのジャズピアニストと言われて真っ先に思い浮かべるのは、、、
デューク・ピアソン(もそんな一人)ではなかろうか。

ということで、彼を代表する曲である”ジェニーン”を今日の一曲としたい。

ピアソンさんはピアノトリオでも録音しているけど、どちらかというとドナルド・バード・クインテットのライブ盤(At The Half Note Cafe)の方がポピュラーかも。

デューク・ピアソンの人気曲だけあってフォロワーは多い。
そんな中、思わず唸ってしまったのがエディー・グリーンさん。
ご本人(デューク・ピアソン)には悪いけど3倍は良い。
先ず、三人とも丁々発止とやり合う攻めの姿勢(演奏)が素晴らしい。
ブンブン・ベースにおかずの多いドラム、しかもグループ(トリオ)としてのまとまりもある。


どちらかというと、彼(エディー・グリーン)の方がもっと通好みのジャズピアニストなのかもね。


因みに、トリオのメンバーは以下の通り。
Eddie Green Trio
Eddie Green (p)
Tyrone Brown (b)
Jim Miller (ds)

Duke Pearson Trio
Duke Pearson (p)
Thomas Howard (b)
Lex Humphries (ds)

関連記事
聴いて損(ソン)はない!!、、、デューク・ピアソン
デューク・ピアソンで渋クリスマス!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。