音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デンマークのスカ、、、Babylove and the van Dangos

Babylove and the van Dangos   ベイビーラブ&ザ・ヴァン・ダンゴス(?)

The Road Was Made For Walking


Never Seen A Girl



Babylove and the van Dangos - Let it Come, Let it Go
Let It Come, Let It Go (Amazon mp3)


デンマークといえば「人魚姫の像」と「チボリ公園」しか思い浮かばない馴染みの薄い国だけど、、、
(童話作家のアンデルセンも確かそうだっけ)
そこにも当たり!スカはある。

ということで、今回はベイビーラブ&ザ・ヴァン・ダンゴス?(Babylove and the van Dangos)のご紹介。

ベイビーラブ&ザ・ヴァン・ダンゴスはデンマーク・コペンハーゲン出身のスカ~レゲエ・バンド。
メンバーは6名で、以下の通り。
 Daniel Broman
 Johan Bylling Lang
 Bjarke Nikolajsen
 Jonathan Rahbæk
 Jakob Thomhav
 Mikkel Szlavik

アルバムは4枚リリース。
 Run, Run Rudie (2005)
 Lovers Choice (2008)
 The Money & The Time (2010)
 Let It Come, Let It Go (2012)

さて、この「Let It Come, Let It Go」は2012年にリリースされた最近作。
イケイケ調の曲も多いけど、”The Road Was Made For Walking”と”Didn't We Tell You So”が特に気に入った。
なんちゅうか、このマッタリ感がエエのう。


他のスカバンドとは(一線を画すとまでは言えないけど)かなり違う哀愁を感じさせるバンドではある。
これでデンマーク名物がもうひとつ増えたのう。


ベイビーラブ&ザ・ヴァン・ダンゴスの facebook
ベイビーラブ&ザ・ヴァン・ダンゴスのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。