音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴジラ映画ではありません。

Dulce Pontes    ドゥルス・ポンテス  

Cancao do Mar


Lagrimas-Dulce PontesLagrimas
1. Cancao Do Mar (Song Of The Sea)
2. Se Voaras Mais Ao Perto
3. Povo Que Lavas No Rio
4. Lagrima
5. Que Amor Nao Me Engana
6. Laurindinha
7. As Sete Mulheres Do Minho
8. Novo Fado Da Severa
9. Estranha Forma De Vida
10. Zanguei-Me Com O Meu Amor
11. Achegate A Mim Maruxa
12. Os Indios Da Meia Praia
全12曲


灯台の巨大なレンズ(投光器)がグルグル回る場面から始まるPVは、重苦しい雰囲気の音楽もあってゴジラでも出てきそうな怪獣映画のようだ。
本当に怪獣の登場シーンに使えそうな出だしです。 (^^ゞ

今回の主人公のドゥルスさんは、ポルトガル出身のファディスタ(ファド歌手)である。
経歴を見れば分かりますが、生粋のファディスタというよりも他流試合もこなしてワールドワイドに活躍しているボーカリストといった表現がしっくりきます。

1988年(19才!)にはミュージカル「ENFIM SOS」の主役に抜擢されてます。
その後、カエターノ・ヴェローゾ(ブラジル音楽界の大御所)やアンドレア・ボチェッリ(イタリアのテノール歌手)とも共演しています。
劇的な歌い方、爆発的な声量もこのようなキャリアから磨かれていったんでしょう。

伝統を重んじるファディスタのジョアナ(アメンドエイラ)さんとは、正反対の位置にいるのがドゥルスさんと言えるでしょう。
二人で両車輪となって、本家ポルトガルのファドを盛り上げていって欲しいものです。(^_^)v

今現在”Lagrimas”は廃盤のようですが、”Cancao do Mar ”はベスト盤にも収録されてます。


ドゥルスさんのオフィシャルサイト
ドゥルスさんのファン?サイト (非公式ながら充実してます。)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

ブログをやってたらしたことに、先日気づきました。
失礼しました〜。
ドゥルスさんのこのCD、当時聴いていました。ワールドミュージックが全盛だった頃で、まだファドというものを認識していないまま購入しましたね。収録曲がリチャード・ギア主演の『真実の行方』に起用されていました。
彼女は結構、いろいろトライしてる人みたいですね。他のファド歌手の件も、過去記事で参考にさせていただきます。

P.S.リンクさせていただきました

シャケ | URL | 2009年05月24日(Sun)18:40 [EDIT]


Re: こんばんは

> ブログをやってたらしたことに、先日気づきました。
> 失礼しました〜。
> ドゥルスさんのこのCD、当時聴いていました。ワールドミュージックが全盛だった頃で、まだファドというものを認識していないまま購入しましたね。収録曲がリチャード・ギア主演の『真実の行方』に起用されていました。
> 彼女は結構、いろいろトライしてる人みたいですね。他のファド歌手の件も、過去記事で参考にさせていただきます。
>
> P.S.リンクさせていただきました

シャケさん、おはようございます。

ファドは良いですよ。
ちあきなおみさんのファドも良いですけど、やっぱり本場は一味も二味も違います。
リンク、ありがとうございました。
こちらも相互リンクさせていただきますね。
今後ともよろしくです。  

ではでは。

nanmo2 | URL | 2009年05月26日(Tue)07:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。