音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の一曲+α♪ ルーシー・アン・ポークの”Memphis In June”

Lucy Ann Polk   ルーシー・アン・ポーク

Memphis In June


Time After Time



Lucy Ann Polk - lucky lucy ann
Lucky Lucy Ann (Amazon mp3)


”スターダスト”の作曲者としてつとに有名なホーギー・カーマイケル(Hoagy Carmichael)。
他にも、
Georgia on My Mind
Heart and Soul
Rockin' Chair
The Nearness of You
Skylark
といったお馴染みのスタンダード曲も彼の作品だ。

知名度では今一歩の
Memphis In June
Lazy Bones
Snowballs
I Get Along Without You Very Well (Except Sometimes)
もそう。

ということで、今回はホーギー・カーマイケルの”Memphis In June”を採り上げてみたい。

”Memphis In June”は1945年の作品。
詩は Paul Francis Webster が付けてる。
”スターダスト”の大スタンダードに対して、愛すべき小作品といった風情。

その為、しっとりと歌うシンガーが良かろう。
その点、愛らしい歌声のルーシー・アン・ポーク(Lucy Ann Polk)は最適だ。


梅雨空でアンニュイな気分なとき聴くのも乙なもの。
ため息のように歌うルーシーさんにメンフィス (テネシー州)の田舎を思い浮かべてしまう。
行ったことないけど。     (^_^;)


関連記事
Time after time

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。