音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弟に負けずに頑張ってます!、、、リリアン・ブッテ

Lillian Boutte   リリアン・ブッテ

He Touched Me


All of me


Am I Blue


I sing because I'm happy

(アルバム未収録)


Lillian Boutte - Music is My Life
Music Is My Life (Amazon mp3)


トーマス・レティエンヌ(Thomas L'etienne)さんのクラリネットの伴奏が好サポートしている”He Touched Me”、主役のリリアンさんを盛り上げてます!!

ということで、今回はリリアン・ブッテ(Lillian Boutte)さんのご紹介。

リリアン・ブッテさんはアメリカのジャズ~ゴスペル・シンガー。
1949年にニューオーリンズで生まれている。
11歳の時、ボーカル・コンテストで優勝。
1980年にはゴスペル・アルバム、1982年にはジャズ・アルバムを録音。
因みに、スティーヴィー・ワンダーも絶賛したというジョン・ブッテは彼女の弟である。

この「Music Is My Life」は2000年に Timeless からリリースしたアルバム。
聴き所はやはりトーマスさんの献身的なプレイが光る”He Touched Me”か。
ゴスペルゴスペルしていないゴスペルの佳作である。
気負うことなく淡々と歌うタイトル曲の”Music Is My life”、スタンダードの”For All We Know”も評価できる。
明る過ぎる「I Cried For You」はご愛嬌か。


ネットで調べたらクラリネットのトーマスさんはリリアンさんの元旦那だそうで、、、
道理で息もピッタリ合ってるわけだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。