音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベイリー・ナイス!!なミルドレッド・ベイリーを聴こう。

Mildred Bailey   ミルドレッド・ベイリー

Thanks for the memory


When day is done


Rockin` Chair


Lover, Come Back To Me

Sunday, Monday Or Always (Amazon) に収録。

It's So Peaceful In the Country

Mildred Bailey: 1940 1942 (Amazon mp3) に収録。


Mildred Bailey - Thanks for the Memory
Mildred Bailey Thanks for the Memory (Giants of Jazz) (Amazon mp3) に収録。


最近、ミルドレッド・ベイリーの”Thanks for the Memory”をよく聴いている。

”Thanks for the Memory”とは1938年の映画「The Big Broadcast of 1938」に採用された主題歌で、ボブ・ホープとシャーリー・ロスによって歌われた。
作曲は Ralph Rainger で、Leo Robin が詩を付けている。

割と人気がある曲と見えてちょっとチェックしただけでも大御所級がズラリ!!と並ぶ。

フランク・シナトラ
ビング・クロスビー
エラ・フィッツジェラルド
ジェーン・モーガン
ローズマリー・クルーニー
ロッド・スチュワート
ステイシー・ケント
エロール・ガーナー


色々聴き比べたけど、やはりミルドレッド・ベイリーが一番かな。
重くならず、良い意味での軽さが曲を魅力的なものにしている。
一聴物足りなさを感じるけど、後でジワジワと来るのでR。
スウィング・ジャズ全盛期の1930年代後半に大活躍した白人女性ジャズ・シンガーの先駆的存在だったミルドレッド・ベイリーはもっと評価されるべきだろう。


関連記事
ベッシー・スミスの十八番、、、”Nobody Knows You When You're Down And Out”

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。