音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

ルードバルス、、、進化系ミュゼット

Rue de Valse   ルードバルス

恋のワルツ通り


La zone



Rue de Valse - Romance
Romance (Amazon)
Romance (Amazon mp3)


今回は福岡を拠点に活躍しているミュゼット系バンドのご紹介。

ルードバルスとは、
アコーディオン奏者の新井武人が中心となって2012 年に結成している。

メンバーは、
新井武人accordion
平田知之 guitar
赤松貴文 contrabass
の基本3名に
吉田義貴 guitar
井上高志 clarinet & sax
が加わる形だ。

その前身となったのが「Ringin' Bells Rondo Club」で、アルバムを4作リリースしている。
Ringin' Bells Rondo Club
マボロシノブタイ
Ringin' Moonlight Carnival
AKATSUKI CIRCUS

ソロとしては2作品。
Clap your hands, Take my songs
under the twilight Lamp

他に「Lehua」というユニットで1作品。
マカリイ

ルードバルスで2作品。
Romance
LIV LABO Sessions #1

アイドル・小泉今日子にも楽曲「君の住む街へ」を提供したこともあるそうだ。


早速、Romance を聴いて行くとしよう。
先ず、全曲がリーダー格の新井武人の手によるもの。
2,3 曲はカヴァーでお茶を濁したいところだが、これはご立派。
捨て曲らしい捨て曲もなく、クオリティーが異常に高い。
すぐにでもテレビ番組のBGMとして使えそうだ。

基本的にオシャレーな音ではあるが、5曲目の「CABARET SWING」を聴くと
激し目のスイングジャズで、「俺達こんなこともやりたいんだ~~~」
という強い意気込みが伝わって来る。

近い将来ブレークしそうな予感がするのでR。


Rue de Valse の facebook

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する