音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャンピンR&B、、、リズムタウン・ジャイヴ。

Rhythmtown-Jive   リズムタウン・ジャイヴ

Went to the City


Down at the Edge of Town


Boppin' at the Hop



Rhythmtown-Jive - Retrogroove Artifact
Retrogroove Artifact (Amazon mp3)


ジャンピンR&B というジャンルがあるのかどうかは知らないが、正にそれを体現しているバンドがリズムタウン・ジャイヴである。
(彼等のウェブサイトには、JUMPIN' AMERICAN ROOTS R&Bとある)

ということで、今回はリズムタウン・ジャイヴ(Rhythmtown-Jive)のご紹介。

リズムタウン・ジャイヴはアメリカ・カリフォルニア州ペタルーマ市(Petaluma, CA)を拠点に活動しているバンド。

(facebook によると)ジャンルはNew Orleans rhythm & blues, zydeco, jump-swing, roots rock, blues, jazz だそうで、(良い意味での)良い所取りのボーダーレスなバンドではある。

バンド結成は1987年というからベテランの域に入るご長寿バンド。

作曲を多く手掛けている(プロデュースも)ベース奏者の ティム(Tim Eschliman)さんがリーダー(格)なのだろう。

アルバムは通算で3枚はリリースしているようだ。
 Retrogroove Artifact (1991)
 Analog Travelog (1994)
 On the Main Stem (1998)

さて、この「Retrogroove Artifact」は1991年にリリースした彼等のデビュー・アルバム。
若いだけあってバンドに勢いを感じる。
この勢いに乗ってバンバン録音してもらいたかったが、遺されたアルバムが3枚だけとは残念至極である。
「鉄は熱いうちに打て」と言うでしょ、名盤が生まれていたかも。

オリジナルの”Down at the Edge of Town”に始まり、ルイ・プリマの”Jump, Jive, An' Wail”で終わる、あっという間の37分である。
それに拍車を掛けているのが”Went to the City”で、アップテンポでは一番の聴き所だろう。
スローではティムさんのオリジナル”The Things You Do”が醸し出すブルージーな雰囲気に酔ってしまう。


今でも現役で活動しているようで嬉しい限りである。
そろそろ新譜が聴きたいものよのう。


リズムタウン・ジャイヴの facebook
リズムタウン・ジャイヴのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。