音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イスラエルから世界へ、オリ・ナフタリー・バンド。

Ori Naftaly Band   オリ・ナフタリー・バンド

W-O-M-A-N

(アルバム未収録)

Cheaper Just to Keep Her Satisfied


Happy For Good
)


Ori Naftaly Band - Happy for Good
Happy for Good (Amazon mp3)


「アンネの日記」本を破った男が捕まった。
人種差別を助長するこうした卑劣な行為は断じて許してはいけないと思う。   (怒)
「ユダヤ(イスラエル)の皆さん、本当に本当にご免なさい」である。   m(__)m

犯人ひとりの為に日本の印象が悪くなったのは誠に持って残念である。
ここで、音楽で日本ーイスラエル友好を推進しようではないか。

ということで、イスラエル出身のオリ・ナフタリー・バンド(Ori Naftaly Band)のご紹介。

オリ・ナフタリー・バンドは若きギタリスト!オリ・ナフタリーをリーダーに2010年に結成されたブルースバンド。

メンバーは以下の通り。
Ori Naftaly (Guitar)
Eleanor Tsaig (Lead Vocals)
Yam Regev (Drums)
Eran Szendri (Bass)
Ofir Ventura (Harmonica)
Willem Van Der Schoof (Hammond)

歳に似合わずよく練られたフレーズを繰り出すオリ・ナフタリーは勿論のこと、
ルックスだけではない!実力派ボーカルの Eleanor Tsaig 嬢が二枚看板。
共に20代半ばである。
現在はイスラエルを飛び出してワールドワイドに活動中。


若き才能に幸あれ!!
音楽に人種は関係ない!!のでR。


オリ・ナフタリー・バンドの facebook
オリ・ナフタリー・バンドのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。