音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮本大君も目指す!?、、、ソニー・ロリンズ。

Sonny Rollins   ソニー・ロリンズ

St. Thomas


It Don´t Mean A Thing If It Ain´t Got That Swing


Love Letters


Paul's Pal



Sonny Rollins - St Thomas (Live In Stockholm 1959)
In Stockholm 1959 (Amazon)
St Thomas (Live In Stockholm 1959) (Amazon mp3)


昨日紹介した石塚真一氏の熱血ジャズ漫画「BLUE GIANT」
主人公は仙台在住の高校生宮本大君。

彼の目指す(目標とする)世界一のジャズ・プレイヤーとは、
ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン、スタン・ゲッツ、それとも、、、

もちろん架空の話だからこそ話はでっかくして欲しいものだ。
期待は増すばかり。

ということで、飛ぶ鳥を落とす勢いだった50年代後半のソニー・ロリンズから隠れ名盤のご紹介をば。

「In Stockholm 1959」
Sonny Rollins (ts)
Henry Grimes (b)
Pete LaRoca、Joe Harris (dr)
(動画に映っているのは Joe Harris さん)
Stockholm, Sweden, March 2,4,1959

ドラゴンレーベルからこれが出た時は驚いた。
かれこれ20年位?前の話である。


大君、将来はソニー・ロリンズとテナーバトルというのも良いんでないかい。
それまでソニーさんには長生き!!してほしいのう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。