音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルタ・ロハスさんのエレガント・ギター。

Berta Rojas   ベルタ・ロハス

Ca'azapa


Julia Florida


Un Sueno en la Floresta



Berta Rojas - Intimate Barrios
Intimate Barrios (Amazon)
Intimate Barrios (Amazon mp3)


エレガントがギターを弾いていると形容したくなるのがベルタ・ロハスさん。
ワシントンポスト紙で"アグスティン・バリオスの名曲を弾きこなすエレガントで最高のギターリスト"と賞賛されたのも頷ける。

ということで、今回はクラシック・ギタリストのベルタ・ロハス(Berta Rojas)さんのご紹介。

ベルタさんは南米パラグアイ出身のクラシック・ギタリスト。
1966年にパラグアイの首都アスンシオンで生まれている。

ギターを始めたのは7歳からで、10歳から先生(師匠)に付き本格的にクラシック・ギターを学び始めている。
1985年にウルグアイに留学。
1996年にアメリカに留学。
現在はワシントンDCに在住し、大学で教鞭をとっている。

その一方、ギター・コンクールでディレクターを務め精力的に後進の指導にあたっている。
 イベロアメリカ・ギター・フェスティバル(ワシントンDC)
 カルドーソ・オカンポ・ギター・コンクール(パラグアイ)
 バリオス・ワールドワイド・ウェブ・コンクール (youtube)

パラグアイの観光大使もしているそうだ。

さて、この「Intimate Barrios」は2008年にリリースされたもの。
収録されてる20曲全てが祖国が生んだ国民的英雄ギタリスト!アグスティン・バリオスの作品。
(5万グアラニー紙幣に肖像が使用されているとのこと)
そういう意味ではアグスティン・バリオスに捧げられたアルバムと言える。

アグスティン・バリオスが亡くなったのは1944年で、ベルタさんが生まれたのは1966年で両者には接点がない。
でも、バリオスさんの作品を愛でるように演奏していてそこに師弟愛を感じてしまう。
時空を超えた師弟愛!!
天国のお師匠さんは頼もしく思っているかもね。

全曲良いけど、エレガントの極みである”Villancico De Navidad”(6)も是非!!


どこまでもエレガントで、どこまでもしなやかに、、、
やはり、ベルタさんは現代の「アグスティン・バリオス音楽」の伝道師なのかもしれない。


ベルタさんの facebook
ベルタさんのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

nanmo2 さん こちらのブログのオーナーとは知りませんでした。守備範囲が広く、教えられることも多く感心しております。ベルタ・ロハス、いい音色をしていますね。むかしちょっとだけクラシックギターをかじったことがあるのでこんな音色に癒されます。このブログ今後とも楽しみにしています。

大屋地爵士 | URL | 2013年11月09日(Sat)13:57 [EDIT]


Re: タイトルなし

> nanmo2 さん こちらのブログのオーナーとは知りませんでした。守備範囲が広く、教えられることも多く感心しております。ベルタ・ロハス、いい音色をしていますね。むかしちょっとだけクラシックギターをかじったことがあるのでこんな音色に癒されます。このブログ今後とも楽しみにしています。

大屋地爵士さん、こんばんは。
>守備範囲が広く、、、
「ジャンルに拘らず良いものは良い!!」ということで、何でも有りの雑食ブログになってしまいました。 (笑)
>ベルタ・ロハス、いい音色をしていますね。
クリアな音で、しかも懐かしさを憶える女流ギタリストですね。
人生の(音楽の)友になりそう。
今後ともどうぞ宜しくです。
ではでは。

nanmo2 | URL | 2013年11月09日(Sat)21:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。