音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

B級でもキラリと光るロルフ・エリクソン。

Rolf Ericson   ロルフ・エリクソン

This Time the Dream's on Me



Rolf Ericson - Rolf Ericson His All American Stars
ROLF ERICSON AND HIS ALL AMERICAN S (Amazon)
Rolf Ericson & His All American Stars (Amazon mp3)


ビッグバンドに長く在籍しているプレイヤーは普段は無視(素通り)しがちだが侮れない実力を持っている。

ここにそんなプレイヤーがひとり。
その名はロルフ・エリクソン(Rolf Ericson)

チャーリー・バーネット、ウディー・ハーマン、デューク・エリントン等のビッグバンドで活躍したスウェーデン出身のトランペッターである。

曲はこれまた通好みの"This Time the Dream's on Me"
Harold Arlen (曲)
Johnny Mercer (詩)
映画「Blues in the Night」(1941) の挿入歌。

ロルフがアメリカのプレイヤーを迎えて録音した「Rolf Ericson and His all American Stars」からの一曲で1956年の作品。
メンバーもこれまた通好みのセシル・ペイン、デューク・ジョーダン等が参加している。

Rolf Ericson and His all American Stars (1956)
Rolf Ericson (trumpet)
Cecil Payne (baritone sax)
Duke Jordan (piano)
John Simmons (bass)
Art Taylor (drums)


B級メンバーがB級スタンダードを演ると時として名演が生まれるものでR。
この場合のB級とは人気面でB級ということで、けっして劣っているということではない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。