音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

淡々と淡々と、ソニー・トンプソンの”ロング・ゴーン”

Sonny Thompson   ソニー・トンプソン

Long Gone (Part 1 and 2)



Sonny Thompson - Sonny Thompson The Original Chart Collection
Sonny Thompson The Original Chart Collection (Amazon mp3)


ビル・ドゲットの”ホンキー・トンク”と遜色ないのがソニー・トンプソンさんの”ロング・ゴーン”
R&Bインスト曲ではこの2曲が最強(双璧)だろう。

ということで、今回はソニー・トンプソンさんのご紹介。

ソニーさんはアメリカのR&Bピアニスト兼バンドリーダー。
1916年(23年という説も)にミシシッピ州で生まれ、1989年にシカゴ(イリノイ州)で亡くなっている。
本名は、Alfonso Thompson

1948年にサックス奏者エディー・チャンブリーとのコンビで、”Long Gone”と”Late Freight”をヒットさせる。
1952年には歌手ルル・リードとのコンビで、”I'll Drown in My Tears”がヒット。

ブルース・ギタリストのフレディー・キングにも多くの楽曲を提供している。


ホンキー・トンク(1956年)よりも8年前の曲だけど、あまり古臭さは感じない。
ピアノの音には流石に時代を感じてしまうが、ソニーさんの感性自体は(当時としては)新しかったようだ。


関連記事
淡々と淡々と、ビル・ドゲットの”ホンキー・トンク”
ビル・ドゲットは手拍子音楽!!であ~る。
歩きスマホは危険やで~。 ビル・ドケット編

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。