音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エスプリの国からこんにちは。 アン・デュクロス編

Anne Ducros   アン・デュクロス(アンヌ・デュクロ)

Taking A Chance On Love


L'eau A La Bouche



Anne Ducros - Close Your Eyes
クローズ・ユア・アイズ (Amazon)
Close Your Eyes (Amazon mp3)


"Autumn in New York"(ニューヨークの秋)の作者で知られるヴァーノン・デューク(Vernon Duke)
言わずと知れたロシア(現在のベラルーシ)出身の大作曲家である。
驚いたことに、交響曲も書いているそうな。

他に、"April In Paris"、"I Can't Get Started"、"Taking a Chance on Love"等々、大定番なスタンダードも作曲しているので、その超大物ぶりが窺い知れるところである。

そんな恐れ多い"Taking a Chance on Love"をこれでもか~~~というくらいスローで表現したネーチャンがいた。   (笑)

その人の名はアン・デュクロス(Anne Ducros)
(アンヌ・デュクロという表記も、おそらくこちら(の発音)が近いかも、
アン・デュクロスは英語読みか?)

フランスのジャズボーカリストである。
フランス出身だけあって、エスプリが効いてますなあ。

曲の解釈は人それぞれ、個性の発揮の仕所でもある。

それにしてもこんだけ遅いと天国のデュークさんも口をあんぐりとしているのではなかろうか。 (笑)


因みにこのアルバム「Close Your Eyes」、2003年に
ヨーロッパで最も権威のあるジャズ賞(ヴィクトワール・ド・ミュージック賞)を受賞したとか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。