音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

誇り高き女!、、、ケイ・スター。

Kay Starr   ケイ・スター

Don't Take Your Love From Me


Into Each Life Some Rain Must Fall


A Faded Summer Love



Kay Starr - Losers, Weepers
ルーザーズ・ウィパーズ(紙ジャケット仕様) (Amazon)
Losers, Weepers (Amazon mp3)


窓越しに雨空を見上げているジャケットの「Losers, Weepers」
思わず部屋に飾りたくなってしまうようなデザインが秀逸なアルバムである。

歌うはインディアンの血を引くケイ・スター(Kay Starr)さん。

誇り高き女である。

普段は自信に満ちた揺るぎない歌唱でこの手のアルバムには向かない、、、
と思いきや、意外や意外、健闘している。

その様はじゃじゃ馬娘が神妙に歌っているかのよう。
有り余った力を持て余し気味にしているように聴こえてしまう。   (笑)

でも、時々ボロが出るようで声量ありありのボリューミィな歌声が顔をのぞかせる。
その可笑しいこと可笑しいこと。

やっぱり、彼女の本質は”Into Each Life Some Rain Must Fall”のように力強く粘りっ気のある濃いめの歌唱。

感情を上手くコントロールできた”A Faded Summer Love”が一番のハイライト(聴き所)だろう。


因みに、誇り高き女は今も健在である。
御歳91歳。
ケイさん、長生きしてや~~~!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。