音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デルタの息子、、、サンズ・オブ・ザ・デルタ

Sons Of The Delta   サンズ・オブ・ザ・デルタ

Crying down in Clarksdale


I'm Moving On


I Want You To Stay

One for the Road (Amazon mp3) に収録。

It's Me



Sons of the Delta - Made in Mississippi
Made in Mississippi (Amazon mp3)


人気の回転寿司の寿司ネタに使用される代用魚は割りと多い。

例えば、
アカニシ - サザエの代用。
アカマンボウ - マグロ 〃 。
アブラボウズ - クエ 〃 。
ウシエビ(ブラックタイガー) - クルマエビ 〃 。
オヒョウ - エンガワ(ヒラメ) 〃 。
サルボウガイ - アカガイ 〃 。
ティラピア - マダイ 〃 。
ナイルパーチ - スズキ 〃 。
ロコガイ - アワビ 〃 。

あまり馴染みのない名前がずらりと並ぶが、これも時代の流れ(資源保護対策)なんでしょうかね。
残念といえば残念な話しだが、幸か不幸か舌が代用魚に慣れてしまっているのも事実である。
認知度で線引きはされているけど、中には味は本物と遜色のない代用魚も。
陰の実力者、、、もとい陰の実力魚と申しましょうか。
今や回転寿司にとって必要な存在となっている。

ということで、今回は本場アメリカではなくイギリスで活動しているブルース・バンドのご紹介。

その名は、サンズ・オブ・ザ・デルタ(Sons Of The Delta)
名前からして本場アメリカのバンドと思われがちだが、ところがどっこい!イギリスのバンドである。
2002年にマーク(Mark Cole)とリック(Rick Edwards)で結成。
2004年に本場ミシシッピに初遠征(ツアー)し、デビュー・アルバム「One for the Road」を録音。
2006年には2作目の「Made in Mississippi」を再びミシシッピで制作。
同年にベーシストの Adrian Deane とドラマーの Martin Fitzgibbon が加入。
以降、four piece band(4人組バンド)として現在に至る。

現在のメンバーは以下の通り。
 Mark Cole - vocals, harp, guitar, mandolin
 Rick Edwards - guitar, vocals
 Adrian Deane - bass, vocals
 Martin Fitzgibbon - drums

アルバムは通算で2枚リリースしている。
 One for the Road (2004)
 Made in Mississippi (2006)

この「Made in Mississippi」は2006年にリリースされたセカンド・アルバム。
ゲストとして巨匠 Pinetop Perkins と Sam Carr が参加している。
やはりこのバンドの核となっているのはマークさんで、良い意味でのワンマン・バンド。
渋いボーカルが遠征時の映像(It's Me)に映えている。


マークさんはある意味本場を超えた存在かもね。
代用と呼ぶには無理があるし意味もない。
アメリカ本場も認めた存在としてこれからも活躍を期待したい。


サンズ・オブ・ザ・デルタの facebook
サンズ・オブ・ザ・デルタのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。