音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南スーダンに栄光あれ!!

Billy Harper   ビリー・ハーパー

1日1回の食事は学校の給食【南スーダン/給食支援】

BGMは広沢タダシで”RIVER”

南スーダンPKO 陸自主力が到着


love on the sudan



Billy Harper Quintet - Love On The Sudan
Love On The Sudan The Billy Harper Quintet (Amazon mp3)


南スーダンが独立(2011年7月)してから2年目の夏が過ぎようとしている。
恥ずかしながらスーダンで内戦があったなんて南スーダンが独立するまで全く知らなかった。
無知は無恥なことかもね。

若い国だけにやらなけばならない事が山積しているが、その一翼を担っているのが我が自衛隊の皆々様。
(日本国民として)頼もしくもあり誇らしくもある。

外気温が45度以上にもなるという過酷な環境下での作業、本当~~~にご苦労様である。
熱中症にはくれぐれもご注意を。

南スーダンでの活動期間は5年の予定とのこと。
自衛隊の作る幹線道路から新しい町作りが始まる事を南スーダン国民の皆さんと一緒に祝いたい。

やはり自衛隊によるPKO(国連平和維持活動)は世界に誇れますなあ。


ということで、ビリー・ハーパーの”love on the sudan”をば。

おそらくビリー・ハーパーもスーダン内戦を案じて吹き込んだのでは。
メンバーは以下の5名。
 ビリー・ハーパー(ts)
 エヴァレット・ホリンズ(tp)
 ミッキー・タッカー(p)
 グレグ・メイカー(b)
 マルコム・ピンソン(ds)

デンオン(デノンではない)レーベルから出た珠玉の一枚であった。


関連記事
スーダンに息づく昭和歌謡  ~アーフィア・ハッサン~
スーダンの夜は更けて

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。