音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カナダのブルースウーマン、、、レイラ・ゾーイ嬢。

Layla Zoe   レイラ・ゾーイ

I've Been Down


Sleep little girl


Lets get crazy



Layla Zoe - Sleep Little Girl
Sleep Little Girl (Amazon mp3)


カナダは国土が広いせいか往々にしてスケールの大きいミュージシャンが出て来るものだ。
今回紹介するレイラさんもご多分に漏れず豪快な歌いっぷりが印象に残るレディである。

ということで、今宵はカナダからやって来たブルースウーマン、レイラ・ゾーイ(Layla Zoe)さんのご紹介。

レイラさんはカナダ出身のブルースウーマン。
70年代遅くに太平洋に面したカナダ西部のブリティッシュコロンビア州で生まれている。
ということは、お歳は30代半ば?

父親が音楽好きでブルースをはじめ様々なジャンルのレコードを収集していた(そういう環境で育った)為、幼少の頃にはもう歌い始めていたそうな。
14歳の時にはもう既に父親のバンドでステージに立っている。

2006年にフィンランドで行われたコンテスト(the Compo10 Blues Songwriting Competition in Finland in 2006)で勝利し、その勢いでヨーロッパツアーを敢行。
ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スイスを回る。

トロントのクラブで共演した故ジェフ・ヒーリー氏からお褒めの言葉を頂く。
"She has created probably the biggest buzz vocally of any singer I've heard about in years in Toronto. She is wonderful." -JEFF HEALEY
ブルース魂(Blues Fire)で世界中を唸らしている、今が旬のブルースウーマンである。

アルバムは5枚リリース、8月に新譜が出る予定。
 Shades of Blue (2006)
 Hoochie Coochie Woman (2007)
 Layla Zoe Live at Errington Hall (2008)
 The Firegirl (2009)
 Sleep Little Girl (2011)
 The Lily (2013年8月発売予定)


まあ、なんちゅうか、髪の毛も凄けりゃ、刺青も凄けりゃ、歌声も凄い!!!
女にしておくのはモッタイナイ!ドスが利いたしゃがれた迫力のあるワイルドな歌声は琴線に触れまくる。
人間臭くて深みのある!実にブルースウーマンらしい良い声だ。
一度生で聴いてみたいものよのう。


関連記事
ベス・ハートのライブは刺激に満ちてる。
魂の歌い人、、、シー・シー・ジェイムス

レイラさんのブログ  ~The Firegirl Blog~
レイラさんのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。