音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

T字路s組のタエコ姐さん。

T字路s

電気椅子(Send Me To The ’Lectric Chair)


これさえあれば


T字路sのテーマ (with ロッキンエノッキー&塚本功) 

(アルバム未収録)


T字路s - これさえあれば
これさえあれば (Amazon)


ベッシー・スミスやダイナ・ワシントンも愛唱していたブルースの古典的名曲
”Send Me To The ’Lectric Chair”(電気椅子に送って頂戴)

重い内容の曲ではあるが、ご両人ともドライに(カラッとした調子で)歌っていた。
テーマがテーマだけに採り上げるミュージシャンも少ないけれど、それを歌う日本人がいたとは、、、
驚いたのなんのって、、、3メートルはぶっ飛んだ! (ウソ)

ということで、今回は T字路s のみなさんのご紹介。

T字路s は、イトウタエコ(ギター)と篠田智仁(ベース)から成る二人組(ブルース・デュオ)。
2010年5月に結成。

2010年9月に自主制作によるアルバム「T字路s」でCDデビュー。
以後、2枚(通算で3枚)リリース。
マヅメドキ (2012)
これさえあれば (2013)

さて、その”電気椅子(Send Me To The ’Lectric Chair)”が収録されたアルバム「これさえあれば」が6月19日にリリースされた。
出来立てのホヤホヤ!である。
6曲収録されているけど、どれも聴き応えありの充実作となっている。
聴き所はPVにもなってる”これさえあれば”になるんだろうけど、元気が貰えるカンザスシティーバンドのカバー曲”新しい町”も捨て難い。
それと、
その日暮らし
この夜いつまで
まむしは眠ってる
”電気椅子(Send Me To The ’Lectric Chair)”、、、
つまり、全曲ちゅうわけや。


歌は巻き舌でドスが効いてて(どっかの組の)姐御さんという感じだけど、普段のしゃべり(MC)は意外や意外と可愛い!
ギャップあり過ぎやろ。   (笑)
それと礼儀正しさにもビックリ!!
けっこう真面目な方なのかも。
ただ今、新譜「これさえあれば」リリースツアー中なので、ご近くの方はライブ体験してみては如何だろうか?


T字路s のブログ
T字路s のウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。