音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生きる伝説!、、、ロバート・ベルフォー。

Robert Belfour   ロバート・ベルフォー

Hill Stomp

超ド級!呪術曲!?

Breaking My Heart


Go Ahead On



Robert Belfour - Pushin My Luck
Pushin' My Luck (Amazon)
Pushin' My Luck (Amazon mp3)


偉大なるワン・パターン(金太郎飴とも言う)!
でも、そこには揺るぎ無い強固な強い意志を感じる!!
(日々の生活で培われたものなんだろうか)
それが、ロバート・ベルフォーの音楽。

ということで、今回は生きる伝説!ロバート・ベルフォー(Robert Belfour)さんのご紹介。

ロバートさんはアメリカの(デルタ~カントリー)ブルースマン。
1940年に米南部ミシシッピ州で生まれている。

幼い頃から父親からギターの指導を受ける。
特に、ジュニア・キンブロウ(Junior Kimbrough)から多大な影響を受けたそうだ。

13歳の時に父親が亡くなって音楽どころではなくなる。
19歳の頃に結婚して、メンフィスへ引っ越す。
そこで35年間建築業で働く。

80年代になるとストリート(Beale Street)で演奏し始める。
1994年にはコンピアルバムに8曲収録される。
2000年には待望のデビューアルバム「What's Wrong With You」をリリース。
2003年には「Pushin' My Luck」をリリース。

現在72歳で未だ現役である。

さて、この「Pushin' My Luck」はロバートさんの最近作。
と言っても、10年前のセカンド・アルバムなわけであるが。

先ず、冒頭のオリジナル・インスト曲”Hill Stomp”でドタマかち割られます。 (笑)
ジュニア・キンブロウ師匠から影響を受けただけあって呪術的な演奏に大納得。
まんまと術中に嵌まりそうである。
嵌まったら、もう身を委ねるしかないもんね。   (笑)
歌も悪くはないけど、インスト曲でより真価を発揮するタイプのように感じた。


何時の間にかロバートさんも(ジュニア・キンブロウ)師匠の歳を超えていたのね。
どうか長生きを、そしてサード・アルバムを。
ロバートさんの健康を祈って、ペンを置きたい。


関連記事
オーティス・テイラーのトランス・ブルースに気をつけなはれやっ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。