音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベニー・グリーンの”ウォーキン・アンド・トーキン”

Bennie Green   ベニー・グリーン

Walkin' And Talkin'



Benny Green - Walkin Talkin
ウォーキン・アンド・トーキン (Amazon)
Walkin' And Talkin' (Amazon mp3)


ちょっと前まではウォーキン・アンド・トーキンしながらの電話(歩き携帯電話)が問題となっていたが、最近ではよりデンジャラスな「歩きスマホ」が大問題となっている。

時代は、
ウォーキン・アンド・トーキンからより危険なウォーキン・アンド・ワッチンへ。

視野を奪われるので一歩間違えると死に至ることも。
恐ろしや~。

ウォーキン・アンド・トーキン(Walkin' And Talkin')
ベニー・グリーンは現代のケータイ社会を予言していたのだろうか?
まさか。

ちゅう訳で、ベニー・グリーンの”ウォーキン・アンド・トーキン”をどうぞ。

メンバーは以下の5名。
Bennie Green - trombone
Eddie Williams - tenor saxophone
Gildo Mahones - piano
George Tucker - bass
Al Dreares - drums

ジョージ(George Tucker)のズンズン・ベースがバンドをズンズン牽引していて気持ち良い。


今ではベニーさんの予想を遥かに上回るスマホ時代に突入してしまったが、歩きスマホでどこでも突入はいただけない。


関連記事
歩きスマホは危険やで~。 ビル・ドケット編

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。