音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファイヴ(5)では一番!!、、、ザ・ファイヴ・キーズ。

The Five Keys   ザ・ファイヴ・キーズ

She's The Most


You Broke The Only Heart

Back To Back Doo Wop Classics (Amazon mp3) に収録。

One Great Love

Rocking & Crying (Amazon mp3) に収録。

Out of Sight, Out of Mind


It's a groove



Five Keys - Its a Groove
It's a Groove - 16 Hits (Amazon mp3)


5(Five)繋がりで、
Five Royales、Five Satins と紹介して来たが、いよいよ真打ちの登場!
The Five Keys(ファイヴ・キーズ)である。

知名度で一番低いと思われるが、実力では一番と密かに思っている。
今のパ・リーグのようなものか。
ガンバレ~~~、セ・リーグ。   (^_^;)

ちゅう訳で、厳選した5曲をどうぞ。
これも選ぶのに奮闘(本当)に苦労した。
悪戦苦闘しながら奮闘して選出したので、ご拝聴いただければ有り難い。

”Close your eyes”
”Glory Of Love”
”Dream On”
”My Saddest Hour”
”Hucklebuck With Jimmy”
といった彼らの代表曲は全て外すという暴挙に出てしまったが、選出したこれらも負けず劣らずに素晴らしい。

最後にプロフィール紹介をちょこっと。
ファイヴ・キーズは The Harmonizing Four というゴスペル・グループからスタートして段々と進化を遂げたR&Bボーカルグループである。
The Harmonizing Four ~ The Sentimental Four ~ The Five Keys

メンバーは以下の5名。
Rudy West(lead)
Ripley Ingram(tenor)
Dickie Smith(tenor)
Maryland Pierece(baritone)
Bernie West(bass)

ヒット曲に"Glory Of Love"、"My Saddest Hour"等がある。


関連記事
”イン・ザ・スティル・オヴ・ザ・ナイト”だけじゃない!、、、ファイヴ・サテンズ。
R&Bのパイオニア、、、ファイヴ・ロイヤルズ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。